最新動向/市場予測

特許庁事業 知財アクセラレーションプログラム(IPAS)

ベンチャー企業のビジネスに応じた最適な知財戦略構築を支援し、事業加速を目指します

特許庁事業 知財アクセラレーションプログラム(IPAS)では、知財やビジネスなどの複数分野の専門家を含む知財メンタリングチームをベンチャー企業へ一定期間派遣し、企業のビジネスに対応した適切な知財戦略構築による事業加速をベンチャー企業の皆様と一緒に目指します。 知財戦略構築の必要性を感じているものの具体的な実行に移せていない、何から始めてよいか分からないとお悩みのベンチャー企業は、是非この機会にご応募ください。 ※本事業はデロイト トーマツ グループが支援事務局を特許庁より委託を受けて行うものです。

知財戦略構築を通じてベンチャーのビジネスを加速

知財アクセラレーションプログラム(IPAS)では、ベンチャー企業を対象に、知財やビジネスなどの複数分野の専門家を含む知財メンタリングチームを一定期間派遣し、ベンチャー企業のビジネスに対応した適切な知財戦略構築支援事業を開始します。

※本事業はデロイト トーマツ グループが支援事務局を特許庁より委託を受けて行うものです。

本事業に参画されるベンチャー企業を募集します

募集時期: 2018年7月2日(月)~7月23日(月)

事業支援期間: 知財・ビジネス・ベンチャーキャピタル等の専門家による支援や必要に応じたフォローアップを合計6か月

募集企業数:10社程度

対象企業:研究開発型のベンチャー企業

<研究開発分野>
IT系(AI、情報通信、サービスなど)
ものづ くり系(ロボット、バッテリー、電気自動車、機械など)
医薬・ バイオ・新素材系(ゲノム創薬、農業・新エネルギー、ナノ素材な ど)

※上記以外の分野の企業も対象とします。
※設立10年未満の未上場の企業を想定していますが、それ以外の企業も対象とします。 

申し込み方法:募集要項、申込方法などの詳細については、下記の特許庁のWebサイトをご参照ください。

http://www.jpo.go.jp/sesaku/kigyo_chizai/startup.htm#01_ipas(外部のWebサイトにリンクします)

お役に立ちましたか?