ナレッジ

競技会場におけるICT利活用に関する 実証実験

審査結果の公表

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社では、総務省「平成30年度 競技会場におけるICT利活用に関する調査研究」の一環として、「競技会場におけるICT利活用に関する実証実験 提案依頼」を実施しました。外部有識者による評価等を踏まえ、3件の提案を採択しましたのでお知らせします。

1.本事業の概要

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される各競技会場においては、多数の外国人来訪者等が来場することが想定されます。

誰もが安心・安全に観戦を楽しむことができる環境を整えるためには、これらの外国人来訪者等も含め、災害発生等の緊急時には正確に災害情報を伝え、適切な避難誘導を行うことができるようにすることが求められます。

このため、競技会場においてICTを利活用することにより、外国人来訪者等にも配慮した災害情報の伝達や避難誘導を可能とする仕組みの実証・効果測定を実施し、得られた知見や課題をもとに全国への普及展開を目指して成果のとりまとめを行います。

2.採択者一覧

上述の実証・効果測定に係る委託先を選定するため、「競技会場におけるICT利活用に関する実証実験 提案依頼」を実施しました。
外部有識者による評価等を踏まえ、下記の提案を採択しました。

提案者 会場 提案概要
株式会社リコー/みずほ情報総研株式会社/エヴィクサ―株式会社 味の素スタジアム/武蔵野の森総合スポーツプラザ ・モバイル端末等に事前に応援アプリをインストール
・場内スピーカーやビーコン等から送出される可聴・非可聴音を当該端末等のマイクが集音することで、平常時は競技の応援及び場内ガイド、災害時は多言語による避難経路等の位置情報を表示(Another Track技術※)
※ 暗号化したデータを埋め込んだ特殊な透かし音をデバイスが自動認識するエヴィクサー(株)の音響通信技術
株式会社インター・コア 秩父宮ラグビー場/エコパスタジアム ・ 既存の放送設備をそのまま活用し、SoundUD※に対応したシステムを構築することで、会場から流れるアナウンス音声情報をユーザーのスマートフォンなどに多言語化されたテキスト等で提供
・観客席のエリアに応じて、避難情報を出し分けて誘導
※ Sound Universal Design:聴覚障がい者、高齢者、訪日外国人にも日本人健常者と同等に音声情報が伝わるようにする考え方。現在「SoundUD推進コンソーシアム」を通じて240以上の企業/団体が連携し、SoundUDに対応したシステムの普及拡大を実施
三井情報株式会社/株式会社ディー・エヌ・エー/シスコシステムズ合同会社 横浜スタジアム ・大型ビジョンとサイネージを活用した避難指示
・AIを活用し混雑状況に応じた避難誘導支援

<本件に関する問い合わせ先>
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
競技会場におけるICT利活用に関する調査担当 担当:松木、太田

E-mail:stadium_innovation@tohmatsu.co.jp

お役に立ちましたか?