サービス

学校法人税務サービス

法人税法上の収益事業は私立学校法に規定する収益事業とはその範囲が異なりますので、その課税対象額を算定するには専門知識と実務経験が不可欠です。消費税では特定収入に係る調整計算が必要となる場合があります。デロイト トーマツ税理士法人は全国規模のネットワーク、優秀な人材、豊富な経験により学校法人の税務実務を支援します。

関連コンテンツ

学校法人税務サービス

法人税法上の収益事業を行っている学校法人は、法人税の申告が必要となります。法人税法上の収益事業は、私立学校法に規定する収益事業とはその範囲が異なりますので、その課税対象額を算定するには専門知識と実務経験が不可欠です。

消費税では特定収入に係る調整計算が必要となる場合があります。また、税務調査において、初めて収益事業であることを指摘されたり、それまでの法人税申告を否認される場合や消費税の特定収入に係る調整計算の誤りから、予想外の追徴税額を課される場合もあります。

少子化に伴い、学校法人も真価を問われる時代に入りました。税務実務を適正に行うことは公益法人としてのコンプライアンス上、必要最低限の責務です。
デロイト トーマツ税理士法人は全国規模のネットワーク、優秀な人材、豊富な経験により学校法人の税務実務を支援します。

(33KB,PDF)