サービス

事業継続管理(BCM)支援サービス

今日のビジネスにおいて、ビジネスパートナー、サプライヤー、地域社会などを含め相互に関連しています。このような環境下において事業の継続は戦略的な課題となっており、地震のような1つの脅威だけでなくそこから誘発される様々な想定外の事象にも対応できる事業継続管理と事業継続計画策定の必要性が高まっています。ひとつの企業の事業中断はその企業単体だけではなく、多くの関連する企業や社会に多大な影響をもたらします。

事業継続管理に関するサービス

デロイト トーマツ グループは、デロイトの方法論を活用し、分析、策定、導入、継続的な改善/品質保証のフェーズごとに、各種支援サービスの全て、または顧客企業の要望に合わせて選択・組合せなどにより、個別ニーズに即した支援内容を設計してサービスを提供します。

・事業継続計画(BCP)/事業継続管理(BCM)の診断
・ビジネス影響分析(BIA)
・継続・復旧戦略/計画策定
・訓練・テスト
・維持管理

想定外の事象にも対応できることを目指す

デロイト トーマツ グループは、確立された方法論およびツールを活用し、効率的で有効な事業継続管理(BCM)プログラムの開発・実施・改善を支援します。
経験豊富な専門家によって設計され、開発されたデロイトの方法論は、さまざまな環境の中でテストされ、継続的に強化されています。実際の企業において使用されているワークシート、データベース、チェックリストなどのツールや技術を含んだ包括的な方法論です。
デロイトの事業継続管理の方法論では、組織が保護または復旧するべき、5つの重要なリソースに着目し(BETH3:下図参照)、各リソースを保護/復旧させる対策を講じることにより、発生する事象によらず、想定外への柔軟な対応を実現します。

ある特定の脅威のみを想定した事業継続計画は実効性やメンテナンス性に欠けます。デロイトの事業継続管理の方法論では、一つの最悪のシナリオを想定した対策だけを検討したり、あるいは膨大な数の事象を想定してしまったり、といったことを回避します。

デロイトの事業継続管理アプローチ