サービス

日本の温暖化対策技術の実用化支援

デロイト トーマツ グループでは、温暖化対策技術と技術開発マネジメントに関する豊富な知見を生かし、様々な技術のCO2削減効果の共通的な算定ルールの整備や、国内外の最新の技術開発動向の収集と体系的なデータベース整備、技術開発・実証プロジェクトの事業進捗マネジメント手法等の開発や運用支援に包括的に取り組んでいます。

日本の優れた温暖化対策技術の普及に向けて

地球温暖化対策技術の実用化・普及政策の立案・実施の必要性

2050年までに世界全体で温室効果ガスを50%削減する目標に向けて、我が国では2013年11月に「攻めの地球温暖化外交戦略」が策定、公表されました。

再生可能エネルギーをはじめとする温暖化対策技術の領域では、地球温暖化防止やエネルギーセキュリティ向上、更には新たな産業創出を目的として世界各国が重点的に政策を展開しており、欧米のみならず韓国・中国も急速に競争力を高めています。

日本の有する優れた温暖化対策技術をより高度なものとしつつ国内外での普及を促進するためには、官民連携の下での効果的かつ効率的な技術開発・実証の実施や、多面的な支援政策の展開が重要なポイントとなります。

政府の技術開発・普及支援事業を効果的に実施するための包括的サポート

デロイト トーマツ グループでは地球温暖化対策技術と技術開発マネジメントに関する豊富な知見を生かし、様々な技術のCO2削減効果の共通的な算定ルールの整備や、国内外の最新の技術開発動向の収集と体系的なデータベース整備、技術開発・実証プロジェクトの事業進捗マネジメント手法等の開発や運用支援に包括的に取り組んでいます。

これらの成果は、中央府省の実際の政策立案・実施の場において活用されています。