サービス

電子行政ICT戦略策定

世界最先端IT国家宣言の柱の一つである「公共サービスがワンストップで誰でもどこでもいつでも受けられる社会の実現」に向け、電子政府・電子自治体が進むべき姿を策定し、その実現に向けた計画・ロードマップを立案し、その実行に必要となるITガバナンスの確立・ガイドライン等の策定を支援します。

効果的な電子行政サービスの実現に向けて

電子政府・電子自治体の進展に向けた課題

わが国では、政府CIOが政府全体のIT政策の司令塔として様々な政策課題に取り組み、政府全体を「横串」で通す必要があるIT施策を前進させています。また、電子政府・電子自治体の基礎をなす行政情報システムは、行政運営の基盤として大きな役割を果たしている状況であり、これからも情報システムの改革及びこれを契機とした様々な改革(コスト削減、業務改革、サービス向上、セキュリティ強化)などが強く求められている状況です。

以上を背景に、電子政府・電子自治体の進展に向け、業界動向や国民ニーズを踏まえた戦略・計画立案の重要性は益々高まっており、また、戦略・計画の着実な実行及び国民に対する見える化が不可欠な取り組みとなっています。

戦略策定及び実施状況の「見える化」による電子行政サービスの高度化

デロイト トーマツ グループは、下記サービス等を通じて、電子政府・電子自治体の高度化・高付加価値化の全体像及びその達成に向けての実施項目・実施状況の「見える化」を支援し、持続的に発展可能な新たなる電子行政サービスモデルの確立・運用に寄与します。

・電子政府・電子自治体戦略立案支援
・情報化計画・ロードマップ立案支援
・電子行政サービス実施モニタリング・改善検討支援
・ICT利活用PDCA推進サイクル検討・実行支援

ITガバナンスの強化に向けて

電子政府・電子自治体推進に向けたITガバナンスの重要性

わが国では、政府CIOが中心となって、攻めのIT投資と無駄の徹底排除を図り、政府全体を通じた戦略的なIT投資管理を実現するためのITガバナンス強化を進めています。

具体的には、全省庁において政府情報システムに関する投資計画を立案しており、投資に対する進捗捗状況を可視化する「ITダッシュボード」の実現、政府の情報システム資産を一元管理するデータベースの構築によるシステム運用管理等情報の一元化、内閣官房(IT総合戦略室)による工程レビュー制度の導入など、大規模かつリスクの高いプロジェクトに対するモニタリング機能の強化を図っています。また、2015年4月からは情報システムの企画段階から運用、廃止に至る一連の過程を通じて体系化した共通ルールである「政府情報システムの整備及び管理に関する標準ガイドライン」を施行し、政府情報システムを業務の見直しも行ったうえで効率的かつ効果的に整備や管理をすることで「世界最先端IT国家」の実現を目指している状況です。

以上を背景に、電子政府・電子自治体推進の実施基盤として、ITガバナンスの確立が急務となっています。すなわち、定めたルールや戦略に対し、スキルを有するIT人材によりその適用を徹底し、様々な情報を一元管理して見える化し統制を図ることで、より一層投資対効果が期待できる情報システム改革を行うことが求められているといえます。

「全体管理」、「組織管理」、「人材管理」、「共通ルール統制」の確立・強化による戦略的なIT投資の実現

デロイト トーマツ グループでは、下記サービス等を通じて、ITガバナンスの各要素の強化を支援し、IT利活用社会の基盤の確立による行政全体に亘る戦略的なIT投資管理を可能とします。

・IT投資計画立案支援
・IT投資計画モニタリング・改善支援
・情報化予算レビュー・最適化支援
・組織改革・IT人材育成(強化)支援
・プロジェクト管理ガイドライン策定・定着支援
・システム管理ガイドライン策定・定着支援
・内部統制実施支援