サービス

地方人口ビジョン及び地方版総合戦略策定

まち・ひと・しごと創生法の施行により都道府県および市町村ごとに必要とされる「地方人口ビジョン」、「地方版総合戦略」の策定を助言・指導します。

地方の人口減少と地域経済縮小の克服のために

地方自治体がまち・ひと・しごとの創生と好循環の確立に取組むための地方人口ビジョン、地方版総合戦略の策定を助言・指導します。
代表的な助言・指導の内容および方針は以下の通りです。

1.住民アンケート調査の実施,分析および調査報告書の作成

住民意識調査はサイレントマジョリティの意向を聴取する貴重な機会であるととらえます。
KPIの活用を考え、可能な限り「行動」にフォーカスした質問内容にします。
分析結果は誰にでもわかりやすく可視化するとともに、庁内全体へも周知し、住民意見の共通認識を持ってもらうようにします。

2.社会経済指標等による基礎調査

人口減少を抑制するとともに、人口減少下での持続的な成長を実現するためのロジックを明確にし、課題抽出の視点を設定します。
各種統計データ等により他団体とのベンチマーク比較を行い、戦略策定における参考資料及び強み弱みの分析を行うことを目的とします。
必要に応じて、ビックデータを活用したデロイトアナリティクスを分析に用います。
人口分析や各種指標分析は、総合計画との整合性を図り、必要に応じた見直しを検討します。

3.人口ビジョン策定

分析結果を踏まえた将来像を複数設定し、それに応じた地方自治体の将来推計を実施します。
人口増加(減少抑制)のロジックモデルから、人口減少につながる要因を網羅的(出生率・女性人口・転入者・転出者の状況等)に分析し、将来の展望を考察します。

4.総合戦略推進会議の運営

複数回の開催が予定される推進会議の各回の議論の内容を提案します。
総合戦略推進会議の意見集約及び分析を行います。

5.総合戦略策定

1から4の事前分析を踏まえ、様々な問題点や強みの仮説を立てます。
次に問題点や強みの仮説を踏まえ、地方自治体における戦略の方向性の仮説を考察します。

6.全体スケジュールの管理

限られた期間で円滑に人口ビジョン、総合戦略を策定するため、全体スケジュールの進捗管理に関する助言・指導を行います。