ナレッジ

IR事業(カジノ事業)におけるまちづくり(スマートシティ構想)

統合型リゾート(IR、Integrated Resort) 

本稿ではIR(統合型リゾート:Integrated Resort)事業におけるRFP(request for proposal)対応に求められるスマートシティ構想の取り組みの重要性を解説します。 IR事業誘致を目指す各自治体の多くは、同時にまちづくりの課題を抱えており、その解決手段として、スマートシティを掲げその取り組みを推進しています。

我が国におけるカジノを含むIR(統合型リゾート:Integrated Resort、以下、「IR」という)事業の免許付与プロセスでは、法定されるIR区域認定数の上限の下で、事業者の公募のための申請・認定のプロセス、いわゆるRFPが実施されることが検討されています。

そのような中、まちづくりの課題を抱えるIR事業誘致を目指す多くの自治体は、スマートシティ構想をRFPの一項目とする可能性が高いと想定されます。

 

スマートシティとはテクノロジーを最大活用したまちづくりの高度な解決・支援ツールである

スマートシティとは、エネルギーや交通システム、医療、インフラなど様々な分野でテクノロジーを最大活用することで、環境に配慮しながら人々の生活の質を高め、継続的な経済発展を目的とした新しいまちづくりを促進する高度な解決・支援ツールです。

また、経済産業省でもスマートシティ(スマートコミュニティ)を下記のとおり定義しています。 

「さまざまな需要家が参加する一定規模のコミュニティの中で、再エネやコージェネシステムといった分散型エネルギーを用いつつ、IoTや蓄電池制御などの技術を活用したエネルギー管理システムを通じて、地域のエネルギー需給を総合的に管理しエネルギーの利活用を最適化するとともに、高齢者の見守りなど他の生活支援サービスも取り込んだ新たな社会システム」

 

なお、スマートシティに関わるステークホルダーという視点に目を移すと、市民、行政が抱えるまちづくりの課題や期待(需要)を、いかに民間企業の継続的な事業へつながる取り組み(供給)で解決出来るかが、スマートシティを構想する上で重要です。


スマートシティは多様なテーマが絡み合うものであり、複合的な視点での検討が必要です
※画像をクリックすると拡大表示します
※画像をクリックすると拡大表示します

デロイト トーマツはテクノロジーの進展を踏まえたスマートシティフレームワークを提唱している

スマートシティ構想は、技術革新により推進されます。昨今では、要素技術(IoT、AI、ビッグデータ、5G、情報プラットフォーム等)のメガトレンドの進展がスマートシティの促進を後押ししており、近未来のテクノロジーを見据えた構想と推進が重要です。

デロイト トーマツでは、6つに領域化したスマートシティフレームワークから、スマートシティ構想を検討し、まちづくりの課題解決をサポートしています。
 

スマートシティフレームワークと領域別主要技術と最新トレンド
※画像をクリックすると拡大表示します

RFPを勝ち抜くためにはスマートシティ構想への取り組みが必須となる

まちづくりの課題を抱えるIR事業誘致を目指す多くの自治体は、スマートシティ構想をRFPの一項目とする可能性が高いと想定されます。

RFPを勝ち抜くためには、下記のとおり、高度なプロジェクトマネジメント力とスマートシティにおける高度な専門知識といった、RFPの回答をまとめるレベルの高い取り組みが必要です。

  • スマートシティ構想における市民、行政が抱えるまちづくりの課題や期待サービス、および提供する民間企業の事業スキームや事業性に関する課題や期待を深く読み取り、舵取りする高度なプロジェクトマネジメント
  • スマートシティ構想におけるRFP回答をまとめるための、都市開発の知見、エネルギー領域、データ領域、モビリティ領域など多岐にわたる事業領域の知見、および要素技術の専門知識
本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。
IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。

IR(統合型リゾート)ビジネスグループ

info-irbg@tohmatsu.co.jp

IR(統合型リゾート)ビジネスグループとは

IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法案の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。

また、カジノ施設の設置と運営にはさまざまな課題やリスクが指摘されています。そのため、IRビジネスグループでは、日本企業に対する事業支援サービスだけでなく、企業と自治体に対し、IR施設を設置・運営する上で懸念される課題と社会問題の解決に関するアドバイザリーサービスも提供します。

 

>>IRビジネスグループの紹介<< 

IR(統合型リゾート)ビジネスグループのアドバイザリーサービス

IRビジネスグループでは、高い専門性と豊富な経験を有する海外メンバーファームと連携し、グローバルで蓄積したナレッジを活用したサービス提供を行います。海外及び国内での実績にもとづき、IRビジネスグループが提供するサービスを一覧にまとめています。

>>IRビジネスグループが提供するアドバイザリーサービスの紹介<<

IR(統合型リゾート)ビジネスグループの最新活動

下記IR(統合型リゾート、Integrated Resort)についての海外事例のナレッジを提供している、IRビジネスグループの最新の活動をご紹介いたします。

 

【IRビジネスグループの最新活動】

>新規コンテンツ「IR事業(カジノ事業)におけるファイナンス」追加
日本におけるカジノ事業を含む統合型リゾート(IR: Integrated Resort)の開発に関する投資資金の調達手段について、海外の事例を交えながら解説 

>新規コンテンツ「IR事業(カジノ事業)におけるMOU締結・JV組成とガバナンス」追加
IR事業(カジノ事業)におけるコンソーシアム形成とJV組成に関するガバナンスのあり方を解説 

>長崎県・佐世保市IR推進協議会主催「IRって何だろう? ~知ろう!考えよう!特定観光複合施設(IR)セミナー」への登壇
有限責任監査法人トーマツ パートナー、IR(Integrated Resort)ビジネスグループ リーダーである仁木一彦が、長崎県・佐世保市IR推進協議会主催「IRって何だろう? ~知ろう!考えよう!特定観光複合施設(IR)セミナー」に講師として参加

>経済産業省「平成29年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(国際博覧会の開催を契機とした持続可能なシステムの構築に向けた課題整理等の調査)」
一般競争入札の結果、経済産業省より受託 

>長崎県・佐世保市IR(統合型リゾート)推進協議会「IR基本構想策定等に係る支援業務」
長崎県・佐世保市IR(統合型リゾート)推進協議会「IR基本構想策定等に係る支援業務」を受託

>和歌山県におけるIR(統合型リゾート)基本構想策定のアドバイザリー業務委託
和歌山県におけるIR基本構想策定のアドバイザリー業務委託を受託

>大阪IR(統合型リゾート)基本構想(案)策定支援等業務
大阪IR基本構想(案)策定支援等業務を受託

お役に立ちましたか?