ナレッジ

トルコ不動産マーケットOutlook2014

トルコの不動産インダストリーにとって将来3ヶ年の重要ホットトピックス

デロイト トルコ事務所が発行した「Turkish Real Estate Market Outlook 2014」についてご紹介致します。 このレポートはトルコの不動産マーケットおよび副産業(居住用所有物、オフィス、リテール、ホテル、工業用、倉庫)の現状および将来の予測について分析したものです。 全文はデロイト トルコ事務所外部向けWebsiteにも掲載されています。 (英語のみ)

Headline of the report

2008年以降、居住用、オフィス、商業用所有物は、トルコの不動産市場において良い業績を上げてきた。リテールおよび居住用所有物に対するレント利回りや売値が過去3年間において実に成長を続けてきた。以来、新しく導入された奨励制度や近隣国における需要の増加の影響を受けて、商業用ビルへの需要が増加し、投資はトルコ東部にシフトしていく傾向にある。トルコの不動産プレーヤーは海外のパートナーとのJVの様な新しい機会を作ることにより差別化を図っていく可能性がある。トルコの不動産インダストリーにとって将来3ヶ年の重要ホットトピックスは下記の通り。

・ 都市再生計画により居住用所有物への需要が増加

・ 所有物の資産価値にポジティブなインパクトをもたらすビル緑化計画

・ 新しい商業・居住地区開発の見込み(イスタンブールの第3ブリッジ・空港およびハイウェイ建設プロジェクトの近隣エリア)  

・ メディカル・ツーリズムおよびホテル投資の影響

-----------------------------------------------------------------------------

【目次】

・ 世界経済Outlook

・ トルコ経済Outlook

・ 不動産マーケット報告:将来3年における投資対象としてのトルコ

(居住用所有物 / オフィス / リテール / ホテル / 工業用ビル・倉庫) .

・将来3年における不動産ホットトピックス

(都市再生計画 / ビル緑化計画 / 第3ブリッジ・空港およびハイウェイ建設プロジェクト / 病院)

・外国投資家の目線からのトルコ不動産セクター

 

全文はこちらからご覧ください。

 

 

 

お役に立ちましたか?