最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.5』

英国の国民投票後に公表された様々な経済指標・データに関する評価の概要(2016年7月26日)

国民投票結果が英国および欧州経済に与えた影響を示す様々な経済指標やデータが公表されている。Vol.5では、それらに関する評価の概要をまとめた。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

6月23日に行われた英国の国民投票から約1ヶ月が経過した。国民投票後に様々な経済指標・データが公表されており、国民投票結果が英国および欧州経済に与えた影響を示している。
それらに関する評価の概要は以下の通りである。

Deloitte UK チーフエコノミストの私見 

  • いくつかの英国の指標は、憂慮すべき大きな下落を示している。Deloitte UK のCFO Survey によると、企業側の楽観的な見通しはこの9 年間で最低の水準まで落ち込んでいる。一方、購買担当者景況指数(PMI)は、ビジネス活動がこの7 年間で最も速いペースで縮小していることを示している。GfK社の消費者景況感指標や英国王立チャータード・サベイヤーズ協会の新築物件需要指数も急激に落ち込んだ。英ポンドは対米ドルで13%下落し、エコノミスト間では2017年のGDP の成長率見通しを2.1%から0.7%へと大きく下方修正した。市場は、2017年の英国の成長のペースは、Brexitの影響により大幅に鈍化するとみている。
  • その一方で、国民投票後のデータの中には明るい材料もある。イングランド銀行のエージェントによるサーベイでは、大半の企業は短期的には投資計画を変更するつもりはないとしている。また、製造業者の団体(EEF, the Manufacturers’ Organisation)の調査において、製造業界では受注にほとんど変化は見られなかった。英国の株式市場は、6月23日以降FTSE100 種株価指数が7.5%上昇するなど、上向いている。 
(PDF, 404KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?