ナレッジ

クライシスマネジメントに関するインタビュー記事が日経産業新聞に掲載

問題発生時の危機管理対策 (2015年5月13日掲載)

今後企業に必要な危機管理対策について、有限責任監査法人 トーマツ クライシスマネジメント日本リーダーである飯塚 智パートナーのインタビュー記事が、日経産業新聞へ掲載されました。

掲載記事詳細

問題発生時の危機管理対策

自然災害や製品事故、情報漏洩――。
こうした企業価値を大きく毀損する可能性のある事象を「クライシス」と定義している。
実態調査の結果から、直近3年間の発生頻度は約10年前に比べ2倍以上に増加している。
その様な背景から今後企業に必要な危機管理対策として、下記の項目についてインタビューを受けた。

・クライシスマネジメントとリスクマネジメントの違いとは
・クライシスは増えているのか
・クライシスに対して、企業に今後必要な取り組みとは

【連載】グローバル時代のクライシスマネジメント<全8回>

連載期間:2017年5月号(2017年3月21日発売)~2017年12月号(2017年10月21日発売予定)

>>本連載のアーカイブページ

【連載】グローバル時代のクライシスマネジメント<全8回>

連載期間:2017年5月号(2017年3月21日発売)~2017年12月号(2017年10月21日発売予定)

>>本連載のアーカイブページ

クライシスマネジメントに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

>> クライシスマネジメント:トップページ 

お役に立ちましたか?