ナレッジ

クライシスマネジメントに関するインタビュー記事が日経産業新聞に掲載

問題発生時の危機管理対策 (2015年5月13日掲載)

今後企業に必要な管理対策について、有限責任監査法人トーマツ クライシスマネジメント日本リーダーである飯塚 智のインタビュー記事が、日経産業新聞に掲載されました。

掲載記事詳細

問題発生時の危機管理対策

自然災害や製品事故、情報漏洩――。
こうした企業価値を大きく毀損する可能性のある事象を「クライシス」と定義している。
実態調査の結果から、直近3年間の発生頻度は約10年前に比べ2倍以上に増加している。
その様な背景から今後企業に必要な危機管理対策として、下記の項目についてインタビューを受けた。

・クライシスマネジメントとリスクマネジメントの違いとは
・クライシスは増えているのか
・クライシスに対して、企業に今後必要な取り組みとは


>>掲載記事の詳細はコチラ ※外部Web
(2016年6月末まで掲載)

クライシスマネジメント

クライシスの兆候は既に発生し、企業のレピュテーションやビジネスをリスクに晒し始めているかもしれません。企業はクライシスに対する適切な準備・対処プロセスを経ることで、企業価値をさらに高める強さを得ることができます。これを「思いがけない好機」と呼びます。デロイト トーマツ グループは、お客さまがクライシスに対峙し「思いがけない好機」を掴むための支援を行います。

クライシスマネジメントに関する情報はこちら

お役に立ちましたか?