最新動向/市場予測

米国金融セクターにおけるサイバー演習

回復とクライシスマネジメント

米国内の特に重要インフラに対するサイバー攻撃の脅威が高まっていること、サイバー攻撃は事前警告がない場合やある期間にわたり行われることがあるため、2013年、米国金融サービス・セクターは大規模なサイバー攻撃への対応演習を開始しました。米国デロイトは本演習の客観的なオブザーバーとして参加し、セクター全体のサイバー事案への対応能力の向上を図るためのアフターアクションレポートの作成を支援しました。

米国金融セクターにおけるサイバー演習

米国内の特に重要インフラに対するサイバー攻撃の脅威が高まっていること、サイバー攻撃はほとんど事前警告がない場合やある期間にわたり行われることがあることから、2013年、米国金融サービス・セクターは大規模なサイバー攻撃への対応演習を開始しました。米国デロイトは本演習の客観的なオブザーバーとして参加し、セクター全体のサイバー事案への対応能力の向上を図るためのアフターアクションレポートの作成を支援しました。

この演習は、数々のポジティブな結果を生み出した一方で、インシデント対応およびクライシスマネジメントの手続を改善し、業界の参加者間の連携を強化する機会にもなりました。

(151KB,PDF)

クライシスマネジメントに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

>> クライシスマネジメント:トップページ <<

お役に立ちましたか?