Cyber regulation in Asia Pacific

調査レポート

サイバーリスクの一歩先を行け 

セキュリティを「次のレベル」へ引き上げるには 

サイバー攻撃を経験したか否かではなく、サイバーリスクにどのように対処するかということが課題になっています。また、サイバーリスクは日々変化をしています。この環境下において、どのようにサイバーセキュリティを「次のレベル」に引き上げることが出来るのでしょうか?

デジタル革命が進行しています。技術革新は今後数年間で主要な成長領域であり、技術革新を活用することは、企業の価値向上と競合他社から優位的なポジションを確保することに役立ちます。それと同時に、これらのテクノロジーによって、次世代のサイバーセキュリティが必要となるようなサイバーリスク(脅威)も発生いたします。企業および組織がデジタル化社会において成功を収めるためには、強力なサイバー戦略が必要であり、セキュア(予防)・ヴィジラント(発見)・レジリエント(回復)の能力向上が必要となっています。

何をする必要があるかを理解し、勇敢さと先見性を持つことで、サイバーリスクを管理することが出来るようになります。そうすることで、企業や組織が混乱に陥る前に、最新テクノロジーを巧みに利用して既存の市場を切り開く「デジタル・ディスラプター」になることが出来ます。 

本レポート「サイバーリスクの一歩先を行け」によって、企業や組織のサイバーセキュリティを「次のレベル」へ引き上げるための一助になることを期待しております。 


目次

はじめに
サイバーリスク・ランドスケープの変化
セキュリティを「次のレベル」へ引き上げるには
セキュア(予防)
ヴィジラント(発見)
レジリエント(回復)
ヒューマン・エレメント(人的要素)
サイバーリスクの一歩先を行く
付録A:セキュリティが「現在」から「次のレベル」へ進むうえでの鍵となるポイント
付録B:サイバー戦略の鍵となる要素 

資料はこちらからダウンロードいただけます (PDF, 5.8MB)
お役に立ちましたか?