ナレッジ

公認不正検査士協会による不正実態調査報告(2016年版)の解説

企業リスク 第53号掲載記事

職業上の不正に関する情報源の一つとして、公認不正検査士協会(ACFE)による不正調査報告があげられる。ACFEは公認不正検査士が回答したアンケートに基づく不正の発生動向の分析として、「REPORT TO THE NATIONS ON OCCUPATIONAL FRAUD AND ABUSE – 2016 GLOBAL FRAUD STUDY」を公表した。本稿では、本調査の主要な項目を筆者が仮訳し、紹介する。

執筆者

デロイト トーマツ 企業リスク研究所
主任研究員 幹 伊津美
研究員 仲 宏太/三橋 桃子

 

内容

1. 不正による損害額

2. 不正の概要

2-1 不正の類型 2-2 資産の横領のサブスキーム 2-3 不正の継続期間 2-4 不正の隠蔽

3. 不正の発見

3-1 不正発見のルート 3-2 不正発見ルート別の損失中央値及び不正発見までの平均期間

4. 被害組織

4-1 組織の種類 4-2 組織の規模 4-3 小規模組織における不正の手口 4-4 不正事例の業界別割合 4-5 被害組織における不正対策 4-6 小規模組織における不正対策 4-7 不正対策実施の動向 4-8 不正対策の有効性 4-9 不正を誘発した内部統制の脆弱性

5. 犯行者について

5-1 犯行者の職位 5-2 犯行者の所属部署 5-3 共謀の影響 5-4 犯行者が示す行動面における不正の兆候 5-5 不正の犯行者の犯罪歴  

6. 事例の結末

6-1 刑事訴追 6-2 民事訴訟 6-3 被害者組織に対する罰金

7. まとめ

1. 不正による損害額

本調査によると、不正事例の損失総額は63億ドルを上回り、これを一件あたりに割り戻すと、損失の平均金額は
2.7百万ドルに上った。また、不正による損失額の中央値(以下、損失中央値)は15万ドルであり、そのうち23.2%
では1百万ドル以上の損失が生じていた(図表1)。標準的な組織は毎年その収益の5%を不正行為で逸失していると考えられる。
 

2. 不正の概要

2-1 不正の類型
ACFEは不正の類型を、資産の横領(Asset Misappropriation)、汚職(Corruption)、財務諸表不正(Financial Statement Fraud)の3つに分類している。本調査の不正事例全体における発生件数の割合はそれぞれ83.5%、35.4%、9.6%であり、資産の横領が最も高い割合を占めた(図表2)。(複数の類型にまたがる不正も各々の類型にカウントしている。) 一方、損失中央値は、それぞれ12.5万ドル、20万ドル、97.5万ドルと財務諸表不正が最も損害が大きかった。

 

続きは添付ファイル[PDF]をご覧下さい。

記事全文[PDF]

こちらから記事の全文がダウンロードができます。

ダウンロード[PDF:509KB]

不正リスク関連 『企業リスク』掲載記事一覧

デロイト トーマツ 企業リスク研究所発行の季刊誌 『企業リスク』 に掲載された、不正リスク関連の記事をご紹介します。

不正対応・係争サポートについて

企業が事業活動を遂行するにあたり、不適切な会計処理、資産横領、贈収賄、情報漏洩、不正アクセス、知的財産の侵害等の不正リスクが存在しますが、潜在的な不正リスクは広範囲に及びます。また、近年、企業間の紛争は増加傾向かつ複雑化しており、企業は係争・訴訟に関するスキルや経験が求められ、弁護士以外の財務やデータ収集の専門家の活用のニーズが着実に増加しています。デロイト トーマツ グループは、不正リスクに対してガバナンス、リスク評価、予防、発見、不正調査、再発防止の総合的なアプローチで企業の不正対応を支援します。

関連サービス
■ 不正対応・係争サポート:トップページ
■ クライシスマネジメント:トップページ
■ 不正リスクマネジメント
お役に立ちましたか?