ナレッジ

「不正調査ガイドライン」の実務上のポイント

不正調査業務の依頼を受けた場合の業務の概念や留意事項

公認会計士協会における経営研究調査会研究報告第51号「不正調査ガイドライン」の内容を解説します。不正調査にあたり弁護士協会が発行しているガイドラインと併せて活用することにより、より適切な業務遂行が可能となります。

ガイドラインの理解にむけて(1)

旬刊経理情報 2013年12月10日号(No.1366)掲載記事

近年、企業等が発覚した不正・不祥事の実態解明にあたり、外部委員を選任する実務が定着しつつあり、公認会計士が選任される場合もある。経営研究調査会研究報告第51号「不正調査ガイドライン(以下、「本ガイドライン」)」は、公認会計士が不正調査業務の依頼を受けた場合の業務に関する概念や留意事項等について体系的に取りまとめている。

本稿では、本ガイドラインについて解説する。


なお、文中の意見にわたる部分は筆者の私見である。

 

[PDF: 223KB]

ガイドラインの理解にむけて(2)

旬刊経理情報 2013年12月10日号(No.1366)掲載記事

近年、企業等が発覚した不正・不祥事の実態解明にあたり、外部委員を選任する実務が定着しつつあり、公認会計士が選任される場合もある。経営研究調査会研究報告第51号「不正調査ガイドライン(以下、「本ガイドライン」)」は、公認会計士が不正調査業務の依頼を受けた場合の業務に関する概念や留意事項等について体系的に取りまとめている。本稿では、第1回に続き本ガイドラインについて解説する。


なお、文中の意見にわたる部分は筆者の私見である。

[PDF:162KB]

ガイドラインの理解にむけて(3)

旬刊経理情報 2014年12月20日号(No.1367)掲載記事

近年、企業等が発覚した不正・不祥事の実態解明にあたり、外部委員を選任する実務が定着しつつあり、公認会計士が選任される場合もある。経営研究調査会研究報告第51号「不正調査ガイドライン(以下、「本ガイドライン」)」は、公認会計士が不正調査業務の依頼を受けた場合の業務に関する概念や留意事項等について体系的に取りまとめている。本稿では、第1回、第2回に続き本ガイドラインについて解説する。

なお、文中の意見にわたる部分は筆者の私見である。

 

[PDF: 280KB]

ガイドラインの理解にむけて(4)

旬刊経理情報 2014年12月20日号(No.1367)掲載記事 

近年、企業等が発覚した不正・不祥事の実態解明にあたり、外部委員を選任する実務が定着しつつあり、公認会計士が選任される場合もある。経営研究調査会研究報告第51号「不正調査ガイドライン(以下、「本ガイドライン」)」は、公認会計士が不正調査業務の依頼を受けた場合の業務に関する概念や留意事項等について体系的に取りまとめている。本稿では、第1回、第2回、第3回に続き本ガイドラインについて解説する。

 

なお、文中の意見にわたる部分は筆者の私見である。

[PDF : 159KB]

フォレンジックサービスについて

企業が事業活動を遂行するにあたり、不適切な会計処理、資産横領、贈収賄、情報漏洩、不正アクセス、知的財産の侵害等の不正リスクが存在しますが、潜在的な不正リスクは広範囲に及びます。また、近年、企業間の紛争は増加傾向かつ複雑化しており、企業は係争・訴訟に関するスキルや経験が求められ、弁護士以外の財務やデータ収集の専門家の活用のニーズが着実に増加しています。デロイト トーマツ グループは、不正リスクに対してガバナンス、リスク評価、予防、発見、調査、再発防止の総合的なアプローチで企業の不正対応を支援します。

フォレンジックに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

■ 不正対応・係争サポート:トップページ

お役に立ちましたか?