ナレッジ

【私見卓見】想定外の「企業有事」に備えを

日本経済新聞2017年6月20日朝刊掲載

2017年6月20日付日本経済新聞朝刊「私見卓見」に、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社執行役員パートナー 三木要による寄稿『想定外の「企業有事」に備えを』が掲載されました。

記事内容

危機管理(リスクマネジメント)の重要性を認識していない企業はほとんどいない。それにもかかわらずリスクが顕在化し、不祥事など企業有事(クライシス)に発展する事例には枚挙にいとまがない。市場や社会が企業に求める厳格さは日々増しており想定外の事態でも容赦されない。

特に市場は「有事に対する企業の備えや対応(クライシスマネジメント)」を評価するが、ほとんどの企業は意識の面でも実務の面でも備えが不十分だ。
 

つづきは添付ファイル[PDF]をご覧ください。


▶ 日本経済新聞 Webサイトよりご覧頂く場合はこちら外部サイトにリンクします)

 

記事全文のダウンロード[PDF:169KB]
お役に立ちましたか?