ナレッジ

働き方改革を成功に導くためのプロジェクトリスクマネジメント

働き方改革関連調査において従業員の満足度が得られた割合は28%

働き方改革により業務の生産性が向上し、効率化が図られている一方で、従業員の満足度は改善していないという調査結果が出ています。働き方改革の目的として、従業員の満足度の向上は優先順位が高いにもかかわらず、改善していないという実態があります。なぜ満足度が改善しないのか、リスク管理の視点から考察します。

働き方改革では、目的に対する施策が正しいことが重要である

働き方改革は、生産性を高め、業務を効率的に行うための取り組みと言えます。しかしながら、実態としては長時間労働の是正といった単一のトピックに焦点が当たり、本来の目的と施策が一致していない、施策の失敗などにより期待した効果が得られない事態が起きています。

デロイト トーマツの調査*では、企業が働き方改革に取り組む目的として、従業員の満足度向上は、1位 生産性の向上(87%)、2位 従業員の心身・健康の向上(76%)に次いで、3番目(74%)に取り上げられています。一方で、改革の結果、従業員の満足度の向上を得られなかったとする割合は、72%にも上るという調査結果も得られています。

*デロイト トーマツ コンサルティング合同会社『働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~
 

では、なぜ目的と実態に乖離があるのか、失敗事例からみていきます。

働き方改革における失敗事例

働き方改革における失敗事例
※画像をクリックすると拡大表示します



働き方改革の成功にはプロジェクトリスクマネジメントが不可欠である

上記の失敗事例のように、実施した施策により弊害が発生してしまったケースや、施策が上手くいかなかった理由として、働き方改革を実施するプロジェクトのリスク評価やリスク対策が十分に出来ていなかったことが考えられます。

企業にとって最重要である働き方改革プロジェクトを確実に成功させるためには、従業員満足度などのKPI管理なども視野に入れたプロジェクトリスク管理が不可欠です。

 

プロジェクトのリスクを把握し、適切なリスク対策を行う必要がある

働き方改革のプロジェクトリスクを把握するには、以下の質問に回答することが有効です。もし、回答がネガティブなものが多い場合、プロジェクトのリスクが高まっており、十分なリスク対策が必要となります。
 

働き方改革のリスク評価する基本的な質問事項

働き方改革における失敗事例
※画像をクリックすると拡大表示します

今後、働き方改革を計画するにあたり不安や懸念を感じている、現在、働き方改革のプロジェクトの進捗や成果が芳しくないといった際には、適切なプロジェクトリスク管理の実現を支援するデロイト トーマツにお問い合わせください。

本記事に関してのより詳細な内容や関連資料、プロジェクト事例の紹介資料等を多数用意しております。詳しい資料をご要望の場合は以下のフォームよりお問合わせください。

≫ お問合せフォーム ≪

 
お役に立ちましたか?