ナレッジ

プロジェクトリスク分析の視点とアプローチ

先進的なグローバル企業で活用されているプロジェクトリスク分析の視点とアプローチ(プレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス:PPA)

デロイト トーマツのPPAではプロジェクト自体のリスクおよびプロジェクト実行に伴うリスクを客観的なデータと比較して診断することができます。プロジェクトリスクを評価する視点とそのアプローチをご紹介します。

プロジェクトリスクをコントロールすることでプロジェクト成功に近づきます

厳しい競争を勝ち抜き企業を成長させるために、多くの企業が商品・製品開発、ビジネス改革、M&A、情報システム等を目的としたプロジェクトを実行しています。一方で、一部またはすべての目標を達成できないプロジェクトも多く、プロジェクト規模が拡大するほどそのリスクは高まります。

プロジェクトリスクをコントロールし、プロジェクトを成功に導くには、問題が顕在化する前に精度の高い情報を把握し、リスクを特定して、必要な予防策を策定・実行することが有効です。

プレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA)は、何千もの成功プロジェクトから抽出された定量データによる高度な分析を行い、プロジェクト成功に向けた計画の策定や成功に向けた改善アクションの定義に必要な情報を提供します。

これにより、プロジェクト実行体制の持つ強みと弱みを把握し、プロジェクトを軌道に乗せ、コスト削減・コスト抑制につなげることが期待されます。

 

プレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA)のメソドロジーにより、プロジェクトのリスクを「複雑さ」と「コントロール」の側面からそれぞれ50と172の要素を用いて評価します

プレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA)では、ヒアリングを通してプロジェクトの複雑さ、およびプロジェクト管理・コントロール状況について評価します。その評価の結果、過去のプロジェクト実績を蓄積したデータベースと比較するための「プロジェクトのプロファイル」を作成します。

プロジェクトの複雑さに関するプロファイル作成にあたっては、5つのカテゴリーに分類される50の要素を評価します。

また、プロジェクト管理・コントロールに関するプロファイル作成にあたっては、7つのカテゴリー、172の要素を評価します。
 

「複雑さ」の5カテゴリーと50の要素 (イメージ)

「複雑さ」の5カテゴリーと50の要素
※クリックすると拡大表示します

「コントロール」の7カテゴリーと172の要素 (イメージ)

「コントロール」の7カテゴリーと172の要素
※クリックすると拡大表示します

何千もの過去のプロジェクトプロファイルのデータベースと比較することで、優先して改善すべきプロジェクト管理上の課題を特定し、解決することが可能です

ヒアリング等を通して作成した「複雑さ」、「コントロール」に関するプロファイルを作成し、プレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA)のデータベースと比較することで、対象プロジェクトの複雑さを分析します。

また、プロジェクトリスクのコントロールの観点から、過去の成功プロジェクト・失敗プロジェクトの傾向データとの相関性を分析します。

これらを活用することでプロジェクトのリスク把握と成功に向けたアクションプランの策定が可能となります。

デロイト トーマツは、先進的なグローバル企業で活用されているプレディクティブ・プロジェクト・アナリティクス(PPA)のメソドロジーにより、プロジェクトリスクをコントロールするために必要な知見を提供し、貴社のプロジェクト目標の達成をサポートします。

アプローチ 

※クリックすると拡大表示します

本記事に関してのより詳細な内容や関連資料、プロジェクト事例の紹介資料等を多数用意しております。詳しい資料をご要望の場合は以下のフォームよりお問合わせください。

≫ お問合せフォーム ≪

 
お役に立ちましたか?