ナレッジ

中国におけるリスクアドバイザリーに関するトピックス

アジアパシフィック地域でのリスクや不正に関する最新情報

アジアパシフィック地域のプロフェッショナルが執筆・監修したナレッジ資料やニュースレターを公開しています。

ナレッジ/ニュースレター

中国地域統括機能に関する考察

多くの日系企業がかつては製造拠点として、今は巨大消費地における開発や販売の拠点としても現地法人を展開し、駐在員を派遣している中国であるが、その実、日系企業の法人数自体はここ数年で僅かではあるが減少傾向にある。

→続きを読む

 

2021/22年度の香港予算案と経済政策

2021年2月24 日、陳茂波(Paul Chan Mo-Po)香港政府財政長官は、立法会(議会)の予算演説にて、2021・22 年度(21年4月~22年3月)の政府予算案と経済政策を発表しました。

→続きを読む

 

中国におけるセキュリティ対策手法~セキュリティアセスメント~

中国ではまもなく春節のシーズンを迎え、華やかな飾り付けと雰囲気が街に溢れる時期になりますが、一向に収まる気配を見せないコロナ禍の影響で、今年は少し様相が異なっています。

→続きを読む

 

アジア進出日系企業におけるリスクマネジメントおよび不正の実態調査2020年版

デロイト トーマツ グループは、日本の上場企業を対象とした「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」2020年版、ならびにアジアの日系企業を対象とした「アジア進出日系企業におけるリスクマネジメントおよび不正の実態調査」2020年版について、調査結果を発表します。

→続きを読む

 

中国サイバーセキュリティ法への対応状況と取り組み事例

デロイト トーマツ グループでは、様々なクライアントを取り巻くサイバーセキュリティの課題に対して、サイバー戦略立案からオペレーションに至るまで一気通貫のサービスを提供しています。本稿では、中国における日系企業の最近の取り組み状況をご紹介いたします。

→続きを読む

 

中国における日系企業への支援策

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の問題の顕在化から、間もなく1年を迎えようとしています。日本では、第3波が本格化してきている環境下と認識されていますが、中国の状況、中国の経済環境、日系企業の対応について、本稿で概要をお伝え出来ればと考えています。まずは、直近の特徴的な中国における各指標を簡単にご紹介します。(2020年12月発行)

→続きを読む

 

Japan Risk Advisory Asia Pacific Newsletter 第九回 AP地域におけるCOVID-19の影響と日系企業の取組状況(SEA/ 中国/ インド編)

当ニュースレターでは、これまでの経営環境における経営管理・リスク管理の動向を踏まえつつ、COVID-19によって新たに生じた不確実性やこれまでのリスク環境の変化に対して、With COVID/ Post COVIDとして取り組むべき主要テーマを紹介いたします。本稿が皆様にとって有用な情報提供となれば幸いに存じます。(2020年6月発行)

→続きを読む(PDFダウンロード)

 

Japan Risk Advisory Asia Pacific Newsletter 第六回 アジアのリスク環境と日系企業の取組状況(インドネシア/ 中国華東/ インドデリーNCR編)

本ニュースレターではこれまでサイバーリスク、クライシス並びに不正リスクといったテーマに沿って東南アジア(SEA)、中国、インドにおける日系企業のリスク管理の取組を紹介して参りましたが、今回から数回にわたりSEA、中国、インドについて各国または各国内の地域性を踏まえたリスク環境と日系企業の取組を紹介していきます。初回はSEAよりインドネシア、中国より華東地区、インドからはデリーNCR地区を取り上げます。(2019年7月発行)

→続きを読む(PDFダウンロード)

 

リスクアドバイザリー アジアパシフィック ネットワークのご紹介(日系企業サービスグループ)

2018年11月に、有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部がアジア地域(インドネシア、シンガポーアジアパシフィックでの取り組み・サービス提供体制について、PDF資料で公開しております。

→続きを読む(PDFダウンロード)

ソリューション

アジアパシフィック地域でのリスクアドバイザリーサービス

アジアパシフィック領域でのリスクアドバイザリーに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスまでご連絡ください。

ap_risk@tohmatsu.co.jp

お役に立ちましたか?