ナレッジ

内部統制:サービス・ナレッジ紹介

アジアパシフィック地域におけるリスクアドバイザリー

アジア拠点における内部管理体制は、商慣習・文化・経営インフラの違いから、国内拠点と比較して脆弱なケースが目立ちます。デロイト トーマツ グループでは現地の日本企業が直面するリスクを適切に管理できる態勢の構築・運用について、アジア地域での豊富な経験を基にアドバイスを提供しています。

アジアにおける業務プロセス可視化 - プロセス改善/ヘルスチェック

特定の担当者のスキルや経験に依存した業務運営をしている結果、担当者の突然の退職等を契機に業務運営への支障が生じるケースが少なくありません。課題への対処、可視化をあらかじめ実施しておくことで、コロナ禍のようなインシデント発生時や突然の従業員の退職時にスムーズに対応することが可能となります。

アジアにおける業務プロセス可視化 - プロセス改善/ヘルスチェック (PDF, 1,100KB)

アジアにおける不正防止体制の整備

アジア地域でのビジネス加速・成長が至上命題と位置付けられる一方、足元を救われない不正・コンプライアンス体制整備が求められています。アジアでは資産の流用と汚職に関する事例が多くみられますが、顕在化した場合の影響にも注意して不正防止体制を構築することが必要です。

アジアにおける不正防止体制の整備 (PDF, 1,752KB)

アジアにおける規程・マニュアル整備による内部統制・経営管理基盤の強化

アジア・パシフィック地域で直面する課題として、規程やマニュアルが整備されていないか、されていたとしても一元的・体系的に管理されておらず、従業員が容易にアクセスでき、正しいルールを理解できる状態になっていないことが挙げられます。

アジアにおける規程・マニュアル整備による内部統制・経営管理基盤の強化 (PDF, 636KB)

アジアパシフィック領域でのリスクアドバイザリーに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスまでご連絡ください。

ap_risk@tohmatsu.co.jp

サービス紹介

アジアパシフィック地域でのリスクアドバイザリーサービス

お役に立ちましたか?