ナレッジ

リスクマネジメント:サービス・ナレッジ紹介

アジアパシフィック地域におけるリスクアドバイザリー

企業を取り巻く事業環境は大きく変化し、ビジネスモデルやリスクマネジメントの在り方のトランスフォーメーションの必要性が増しています。リスク変化に対応できなかった結果として、競争優位性の喪失、不祥事の発生などにつながっているケースも少なくありません。デロイト トーマツ グループでは、企業を取り巻く様々なリスクへの対応・リスクマネジメント高度化に向けた各種支援を提供しています。

アジアにおけるサプライチェーンマネジメント

事業の成果を得るためには、前提となる経営環境にあわせて事業構造を変革し、リスクをとる必要があります。事業スキーム図によりグループのサプライチェーンを俯瞰したうえ、事業部門により識別されたリスクをプロットすることで、重要リスクの抜け漏れを防ぐ取り組みが検討できます。

アジアにおけるサプライチェーンマネジメント (PDF, 1,219KB)

アジアにおけるリスクマネジメント

アジア各国を取り巻くリスクは異なりますが、昨今の香港、タイ、ミャンマーで見られるようなカントリーリスクが増大しつつあります。自社のリスクを知らずして、事業の成功はあり得ません。

アジアにおけるリスクマネジメント (PDF, 843KB)

アジアパシフィック領域でのリスクアドバイザリーに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスまでご連絡ください。

ap_risk@tohmatsu.co.jp

サービス紹介

アジアパシフィック地域でのリスクアドバイザリーサービス

お役に立ちましたか?