最新動向/市場予測

リスクインテリジェンス メールマガジン Vol.51

2019年10月

リスクの概観と金融規制の動向に係る概観について、留意すべき特徴点を炙り出すと同時に、有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センターが考える意見も発信いたします。『リスクインテリジェンス メールマガジン(グローバル・リスク・ウォッチ)Vol.51』(2019年10月)

リスクの概観(トレンド&トピックス)

不確実性の中のシナリオ:来年のグローバルリスク展望

有限責任監査法人トーマツ
リスク管理戦略センター
ディレクター
勝藤 史郎
 

2019年も残すところあと2ヶ月あまりとなったが、グローバル経済においては不確実性要因が未だ山積している(本稿は10月15日現在の情報に基づく)。米中通商交渉については、10月の米中閣僚級協議で10月の追加制裁関税の実施見送りが合意された模様である。しかしながら、既存の制裁関税の撤廃は見送られたうえ、中国における補助金や技術移転強制などの構造問題は解決しておらず、これが今後の通商交渉の長期化要因になることも考えられる。英国のEU離脱は10月末の期限を前に依然予断を許さず、「合意なき離脱」「離脱期限延長」「10月末期限前の修正離脱合意」の3つのシナリオが存在している。当方では、米中通商交渉では既存の制裁関税継続が中国の成長を今後も抑制するも、来年のどこかでグローバル経済に大きな影響を与えない形で合意形成がなされることをベースラインシナリオとしている。英国のEU離脱については、10月末離脱期限延長により合意なき離脱は回避されることをベースラインシナリオとしている。かかる前提を置いてもなお、来年のグローバル経済成長は減速、リスクは引き続き下方とみておきたい。

続きを読む

 

マクロ経済の動向(トレンド&トピックス)

乖離する2つの「不確実性」:VIXとEPU指数

有限責任監査法人トーマツ
リスク管理戦略センター
マネジャー
市川 雄介
 

今月再開された米中閣僚級協議では、中国が米国産農産物を大規模に買い入れることなどと引き換えに、15日から予定されていた米国による対中関税の引上げ(2500億ドル分の輸入品に対する関税の25%から30%への引上げ)が延期されることとなった模様だ。トランプ大統領は今回の合意を「第1段階」として、中国の構造問題を巡る協議を順次進めていく意向を示したが、そもそも今回の交渉についても中国側が合意したという認識を示しておらず、再び事態が暗転する余地も残されている。協議直前には、米企業との取引が制限されるエンティティ・リストに中国企業が追加されるなど、通商面以外の摩擦は緩和の兆しが見えておらず、米中関係は依然として不安定な状況にある。

続きを読む

 

金融規制の動向(トレンド&トピックス)

非財務リスク管理強化に向けたオーストラリアにおける取組

有限責任監査法人トーマツ
リスク管理戦略センター
シニアマネジャー
対木 さおり


増加する不祥事や、当局からの多額の制裁金事例を受け、既存の法令を守ることに主眼がおかれるコンプライアンス・リスク管理から一段進んで、コンダクトリスク管理や非財務リスク管理に焦点が当たっている。

デロイトでは、非財務リスクとは、信用リスク、マーケットリスク、銀行勘定金利リスク、流動性リスクなど伝統的な財務リスク以外のあらゆるリスクを指し、コンダクトリスク、コンプライアンス・リスク、などもここに含まれる概念であると定義している。非財務リスクは、リスク管理の分野においても新しい概念であるが、オーストラリアでは数年来の金融機関における不祥事の発生を受け、2019年2月に王立委員会から金融機関のミスコンダクトに関する最終報告書が公表された。同報告書の勧告事項に添って、政府と当局は規制の見直しや強化に着手。同時に、APRA(オーストラリア健全性規制庁)が、個別金融機関向けの調査を実施しており、その中で注目されているのが非財務リスク管理の脆弱性への対応である。

続きを読む

講演情報

【セミナー・外部講演】

◆2019年 ISDA 地域総会(2019年10月25日:ザ・リッツ・カールトン東京)

ISDAの2019年地域総会にて、有限責任監査法人トーマツ リスク戦略センター ディレクター 勝藤史郎がパネルディスカッション「自己資本規制の導入に向けて」に参加します。

参加をご希望の方はこちら(外部サイト)からご登録ください。
 

◆【開催報告】金融リスクマネジメント&サイバーセキュリティフォーラム2019(2019年10月16日:ロイヤルパークホテル)

JTBコミュニケーションデザイン主催の「金融リスクマネジメント&サイバーセキュリティフォーラム」にて、有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センター ディレクター 勝藤史郎が、パネルディスカッション「非財務リスクへの対応とリスク管理の高度化」にモデレーターとして参加しました。
 

◆【開催報告】株式会社セミナーインフォ主催「金融機関のコンダクトリスク管理高度化への実務とリスクカルチャーの醸成~金融庁コンプライアンス・リスク管理基本方針を踏まえて~」(2019年10月17日:九段プラザビル)

株式会社セミナーインフォが開催するセミナー「金融機関のコンダクトリスク管理高度化への実務とリスクカルチャーの醸成~金融庁コンプライアンス・リスク管理基本方針を踏まえて~」にて、有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センター ディレクター 勝藤史郎が講師を務め、コンダクトリスクの概念及び金融庁の「コンプライアンス・リスク」に関する考え方、コンダクトリスクの更なる高度化の枠組みについて解説しました。

 

◆JTBコミュニケーションデザイン主催 「金融リスクマネジメントフォーラム 2018」(2018年10月31日:ロイヤルパークホテル) 


JTBコミュニケーションデザインが主催する「金融リスクマネジメントフォーラム 2018」にて有限責任監査法人トーマツ リスク戦略センター ディレクター 勝藤史郎が「金融機関事業戦略とリスクマネジメント」について講演します。

詳しくはこちらをご覧ください。

【その他】

有限責任監査法人トーマツは、個人の専門的能力の向上を支援することを目的に、日本金融監査協会に賛助企業として登録しており、リスク管理戦略センターからは講師として研修セミナーに登壇しています。

研修セミナーの詳細はこちら(外部サイト)よりご確認ください。

 

リスクインテリジェンス メールマガジン

グローバルな視点からみた、企業経営上の様々なリスクをチェックするリスクインテリジェンス メールマガジンでは、毎月、過去一ヶ月間に起きた事象を振り返りながら、事業リスクという視点から、多くの金融機関や事業法人が留意すべき特徴点を炙り出します。同時に、様々なリスク管理や金融規制上のトピックに関し、デロイト トーマツ グループの一員である有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センターが考える意見も発信していきます。

 

メールマガジンの詳細はこちら

メールマガジンに関するお問い合わせはこちら

メールマガジン配信(無料)をご希望の方は、メールマガジン利用規約プライバシーポリシーをご一読のうえ、お申し込みください。

配信のお申し込み

リスク管理戦略センターへのお問い合わせ

リスク管理戦略センターのサービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。
 

>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?