最新動向/市場予測

上り坂でのブレーキの効きに怯える世界経済

リスクインテリジェンス メールマガジン Vol.9 (2015年12月)

マクロ経済金融に係るリスクの概観と金融規制の動向に係る概観について、留意すべき特徴点を炙り出すと同時に、有限責任監査法人 トーマツ リスク管理戦略センターが考える意見も発信いたします。『リスクインテリジェンス メールマガジン(グローバル・リスク・ウォッチ)Vol.9』(2015年12月)

マクロ経済金融に係るリスクの概観(トレンド&トピックス)

◆上り坂でのブレーキの効きに怯える世界経済
有限責任監査法人 トーマツ リスク管理戦略センター長 / パートナー 大山 剛
※本記事は2015年12月15日執筆時点の内容です

米国FRB(連邦準備制度)の利上げがいよいよ秒読み段階に入り、焦点はむしろ来年以降の利上げのテンポに移るなかで、一旦落ち着きを取り戻したかにみえたグローバル金融市場は、再びそのボラティリティを高めるようになってきました。

<<最近一ヶ月のグローバル経済の動向に関する詳細資料有り>>

〔PDF, 315KB〕

金融規制の動向に係る概観(トレンド&トピックス)

◆銀行規制の緩和とノンバンク規制の強化?
有限責任監査法人 トーマツ シニアマネジャー 岩井 浩一

金融危機以降の規制改革を振り返ると、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)によるバーゼルⅢを始めとする銀行規制強化の動きと、金融安定理事会(FSB)や証券監督者国際機構(IOSCO)等による銀行以外への規制監督強化という二つの流れがありました。後者には、ノンバンクへのシステム上重要な金融機関(SIFI)認定や店頭デリバティブ規制等が含まれます。

<<銀行規制"緩和"の動きや足許の市場規制強化の動きに関する詳細資料有り>>

〔PDF, 319KB〕

今月の注目指標

◆米国ハイイールド債利回りの上昇は、株式市場に対する警戒サインなのか?
有限責任監査法人 トーマツ マネジャー 祖父江 康宏

米国のハイイールド債の利回りが上昇(価格は下落)しています。

<<利回り上昇の主な理由に関するグラフと詳細資料有り>>

〔PDF, 306KB〕

海外リスクに関するトピックス

◆欧州における右傾化の進展
有限責任監査法人 トーマツ ディレクター 茂木 寿

2015年12月7日、2016年米国大統領選挙に出馬を表明している実業家のドナルド・トランプ氏がイスラム教徒の米国入国を禁止するべきと発言し、米国内で物議を醸し出していますが、欧州では2000年代以降、外国人(移民)排斥を標榜する極右政党等が大幅に支持率を伸ばしており、今年に入って、その傾向が顕著となっています。

<<欧州における反移民運動の歴史、昨今の動向、今後の展望に関する詳細資料有り>>

〔PDF, 333KB〕

講演情報

【デロイト主催セミナー】

◆デロイト主催「GFSI Asia Pacific Risk and Capital Management Leaders Meeting in Bangkok」(2015年11月17日・18日)
タイ国内外の企業経営者を迎え、デロイトのRisk Capital Managementの各リーダー(日本、アメリカ、イギリス、タイ、中国、シンガポール、インド、マレーシア、台湾、インドネシア、オーストラリア)がバンコクで一堂に会し、グローバル規制とその与える影響について議論を交わしました。
また、本会議の開催に先立ち、タイの金融業界における金融不均衡についてセンター長大山剛とデロイト タイオフィスリーダーのSomkrit Krishnamraが、バンコクポスト紙等の複数現地メディアにコメントしました。

◆デロイト主催「マクロ経済リスク情報分析セミナー」(2015年11月25日)
タイ国内外の企業経営者を迎え、デロイトのRisk Capital Managementの各リーダー(日本、アメリカ、イギリス、タイ、中国、シンガポール、インド、マレーシア、台湾、インドネシア、オーストラリア)がバンコクで一堂に会し、グローバル規制とその与える影響について議論を交わしました。
また、本会議の開催に先立ち、タイの金融業界における金融不均衡についてセンター長大山剛とデロイト タイオフィスリーダーのSomkrit Krishnamraが、バンコクポスト紙等の複数現地メディアにコメントしました。


【外部講演等】

◆外国損害保険協会主催CCM(協議員)セミナーでの講演(2016年1月13日)
2016年1月13日に、外国損害保険協会主催CCM(協議員)セミナーにて、ディレクター後藤茂之が「保険ERMに関する規制動向と対応」と題して、保険ERMをめぐる規制の特徴、国際的規制論議の動向、保険ERM強化の課題や対応の実例、今後のERM強化を検討する視点について講演を行う予定です。
※本セミナーは外国損害保険協会の方向けのセミナーです

◆公益財団法人KIER経済研究財団 平成27年度研究プロジェクト助成主催 公開シンポジウム「ストレステストの現状と課題」での講演(2016年1月23日) ※外部Web
2016年1月23日に、公益財団法人KIER経済研究財団 平成27年度研究プロジェクト助成主催の公開シンポジウム「ストレステストの現状と課題」にて、マネジャー祖父江康宏が講演を行う予定です。

リスクインテリジェンス メールマガジン

グローバルな視点からみた、企業経営上の様々なリスクをチェックするリスクインテリジェンス メールマガジンでは、毎月、過去一ヶ月間に起きた事象を振り返りながら、事業リスクという視点から、多くの金融機関や事業法人が留意すべき特徴点を炙り出します。同時に、様々なリスク管理や金融規制上のトピックに関し、デロイト トーマツ グループの一員である有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センターが考える意見も発信していきます。

 

メールマガジンの詳細はコチラ
メールマガジンに関するお問い合わせはコチラ
メールマガジン配信(無料)をご希望の方は、メールマガジン利用規約、プライバシーポリシーをご一読のうえ、お申し込みください。
>配信のお申し込み   >メールマガジン利用規約   >プライバシーポリシー

リスク管理戦略センターへのお問い合わせ

リスク管理戦略センターのサービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?