ナレッジ

「これからの日本の金融資産ビジネス戦略」セミナー講演報告

~これからの規制動向-これまでの考え方と今後の動向~

2015年9月10日に、有限責任監査法人トーマツが主催する「これからの日本の金融資産ビジネス戦略」セミナーが開催され、当法人リスク管理戦略センター長である大山剛が、「これからの規制動向-これまでの考え方と今後の動向」と題して講演を行いました。

セミナー概要

 有限責任監査法人トーマツでは、資産運用会社を中心としたクライアントサービスの一環として、今後の日本に起きる金融資産の変動を予想し、その成果を皆様にご紹介するためのセミナーを開催いたしました。
 わが国ではこれから予想される人口減少により、金融資産の保有構造は大きく変化します。これに伴い資産運用ビジネスをはじめとする金融ビジネスのあり方も大きく変化します。前半部では、大学の研究成果をもとにした人口と経済の変動、それが及ぼす金融資産変動についてご紹介しました。
 金融規制も金融資産の保有構造に大きな影響を及ぼします。後半ではわが国における規制の“来し方”について分析し、わが国の規制の哲学を洗い出し、その後、大胆に“行く末”の予想をお伝えいたしました。


《開催概要》
開催スケジュール: 2015年9月10日(木)14:00~16:45

対象者: 資産運用会社および金融機関の皆様

参加費: 無料 


>>本セミナーの詳細はコチラ

これからの規制動向-これまでの考え方と今後の動向

◆これからの規制動向-これまでの考え方と今後の動向
有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センター長 / パートナー 大山 剛


<<講演資料有り>>

(628KB,PDF)

リスクインテリジェンス メールマガジン

グローバルな視点からみた、企業経営上の様々なリスクをチェックするリスクインテリジェンス メールマガジンでは、毎月、過去一ヶ月間に起きた事象を振り返りながら、事業リスクという視点から、多くの金融機関や事業法人が留意すべき特徴点を炙り出します。同時に、様々なリスク管理や金融規制上のトピックに関し、デロイト トーマツ グループの一員である有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センターが考える意見も発信していきます。

 

メールマガジンの詳細はコチラ
メールマガジンに関するお問い合わせはコチラ
メールマガジン配信(無料)をご希望の方は、メールマガジン利用規約、プライバシーポリシーをご一読のうえ、お申し込みください。
>配信のお申し込み   >メールマガジン利用規約   >プライバシーポリシー

リスク管理戦略センターへのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?