最新動向/市場予測

マクロリスク情報の活用により経営管理の高度化を実現

無料トライアルを利用された方の声

リスク管理戦略センター(CRMS)が提供する「マクロリスク情報Webキャスティング」では、期間限定で無料トライアルを実施いたしました。

「マクロリスク情報Webキャスティング」とは・・・

経営トップの意思決定の重要性と難易度が高まる中、質の良いマクロリスク情報を効率的に入手する必要性が高まっている一方、多くの方がインターネット検索等で時間をかけ情報収集をしているという実態があります。
「マクロリスク情報Webキャスティング」は、経営活動に必要なミクロ(企業のリスク管理)とマクロ(マクロ経済金融分析)の情報を、双方のエキスパート集団が収集・分析し、月に1回、Webキャスティングでお届けするサービスです。


>>「マクロリスク情報Webキャスティング」の詳細ページ<<

ご利用になった方のご意見・ご感想

「高品質なマクロリスク情報を、時間をかけずに入手できた」
「世界の主要地域におけるリスクの一覧化・可視化が可能となることで、経営管理の高度化に繋げることが出来ると感じた」


 

本サービスの内容を自身で収集しようとすると、かなりの労力を要します。
利用により、情報収集の時間を節約でき、対応の検討に時間を割けるようになることに魅力を感じました。

(金融、リスク管理部門)


 

こういった情報・分析は、(シンクタンクや金融業は別として)一般企業では、個々の部門(主に戦略企画部門)が複数の情報源から個々に取得・解釈していることが多く、網羅性・定期性も含め、一元管理されていない場合が多いという実態においては、有効なツールであると思います。

(メーカー、経営企画部門、主査)

 


世界の主要地域におけるリスクが一覧できました。また、時系列での変化(前月よりもリスクが高まったか、低まったか、そのままなのか)についても一覧できたので、役員への報告する際の参考になりました。

(製造業、経営企画部門、担当部長)

利用者アンケートの回答内容


その他のお声

■マクロ経済変動とリスクの動きを定期的かつ視覚的に閲覧でき、俯瞰したリスクモニタリングに繋がると感じた

■海外現地法人が抱えるリスクの把握や、現地法人での情報収集手段として活用できると思った

■世界各地のリスク情報が、網羅的かつ簡潔にまとめられ、幅広い活用の可能性を感じた 

■定例会等で報告する際に、第三者の専門家により分析された客観性のある情報として提示できた

■Webで情報が入手できるので、業務都合に合わせ閲覧ができ利便性が高かった

■M&A等、投資や経営判断の材料にできるのではないかと思う 

67.5%の方に満足いただきました

利用者アンケート回答属性

その他、マクロリスク情報の活用例

マクロリスク情報Webキャスティングをお使いいただくことで・・・ 

■インターネットで検索する等、情報入手に関する時間と労力を軽減し、本来注力すべき、得た情報を基にどの様に対応すべきか検討する時間へ充てることができる
■経営層から、リスク情報の第三者性を求められた際、専門家の情報として活用できる
■新聞等のメディアだけでは入手できない情報を得ることで、クライアントとのコミュニケーションに活用できる
■社内のディスカッションにおいて、共通言語・価値観を持つことができる


世界の主要地域におけるリスクを一覧化・可視化することで・・・

■投資判断の参考にできる
■海外拠点における人材の安全性を確保する等、オペレーションの判断材料にできる
■海外現地法人と共通のリスク感度を持ち、連携強化に繋げることができる
■政治・経済・金融市場等でのイベント発生時に、マクロ経済へのインパクトを読み解き、フォワードルッキングな経営に繋げることができる

お役に立ちましたか?