サービス

クライシス・インシデント対応

企業が、いつ危機に直面(クライシスが発生)するのかは、予想することができません。しかしクライシス発生時には、組織の準備能力や回復能力、体質など危機管理対策の体制が試されるのです。デロイト トーマツ グループのクライシスマネジメントサービスは、お客さまがクライシス(危機)に対峙した際でも、「思いがけない好機」を掴むための支援を行います。

経営幹部へのクライシスマネジメントの5つの教訓

1.危機的状況に陥る前に準備をしなければなりません。モニタリング、準備、訓練は、クライシス(危機)に対する備えとしてもっとも有効な手段であり、周到な計画と訓練ができている組織は、実際にクライシス(危機)が発生したときに、効果的に対処できるという強みがあります。

2.大規模なクライシス(危機)の最中になされる意思決定のすべてが、レピュテーションを通じて企業価値に影響する可能性があります。レピュテーショナルリスクは、オペレーショナルリスクよりも短時間に企業価値を毀損させます。

3.クライシス(危機)には、分単位のスピードで対処すべきです。時間や日次単位では遅いのです。分単位で対処するために、現場が主導権を握り柔軟な対応をする必要があります。さらに情報が不完全な中で意思決定し、内外に対し十分なコミュニケーションを行う必要があります。通常、既成概念にとらわれず、発想を転換する行動が求められます。

4.クライシス(危機)は、企業価値をさらに高める機会でもあります。このような機会は自ら求めるものです。

5.クライシス(危機)が過ぎ去ったように見えても、まだ終わっていません。一息ついたあとでも、長期間にわたり復旧に向けた対処は続きます。例えば、情報収集、当時の意思決定記録の再現、資金管理、保険請求、法律上の対応が、企業の回復力の強さを決定付けるのです。

デロイト トーマツ グループの特色

次の4つの分野は企業のクライシスマネジメントを改善に導くものです。

24/7モニタリング
ビジネスに混乱をきたす恐れのあるすべての関連データを追跡する必要があります。

クライシスシミュレーション
クライシス(危機)が発生したときに、準備態勢が機能するかどうかを評価する手段が必要です。

リアルタイムレスポンス
クライシス(危機)主管部門の指揮のもと迅速に対処するチームを運営することが必要です。
クライシス(危機)主管部門は、コアコンピタンス、インダストリー、クライシス(危機)特有の専門知識を有し、かつ実績のある専門家により構成される必要があります。

クライシスコミュニケーション
一般のコミュニケーションの専門家では、企業価値を守るために必要なビジネスおよび財務的な洞察力が不十分なことがよくあります。
クライシスコミュニケーションには、このような視点が必要となります。

グローバル クライシスマネジメント リーダーからのメッセージ

クライシスマネジメントに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

>>クライシスマネジメント:トップページ

デロイトが考えるクライシス・インシデント対応における3つのプロセス

デロイト トーマツ グループは、自然発生か人為的発生、あるいは経済、政治、金融、技術的な理由にかかわらず、甚大度と頻度を増しつつあるクライシスに対応するためのこうな準備態勢を支援します。

フォレンジック、リストラクチャリング、金融犯罪、サイバー、レジリエンスサービス等を含むデロイト トーマツ グループの卓越した専門能力とグローバルネットワークを統合する(総称「デロイト」)ことにより、多種多様なクライシスに備え、迅速かつ効果的に対処し、最終的に企業価値を高めるための支援を行います。

 

クライシス・インシデント対応の提供サービス全体像(3つのR)

準備プロセス:Readiness 「予防/事前準備」
対処プロセス:Response 「クライシス・インシデント発生時支援業務」
回復プロセス:Recovery 「沈静化後」

【連載】グローバル時代のクライシスマネジメント

『ビジネス法務』にて計8回の記事連載

連載期間:2017年5月号(2017年3月21日発売)~2017年12月号(2017年10月21日発売予定)

>>本連載のアーカイブページ