サービス

グローバルホットライン(GN海外言語標準プラン/GF海外言語不正プラン)

デロイト トーマツ グループが貴社の内部通報窓口となって、貴社のグローバル拠点からの内部通報を受け付けるサービスです。様々な言語に対応可能です。 「GN海外言語標準プラン」では、企業倫理、不正、ハラスメントなど通報内容を限定せず幅広く対応します。 「GF海外言語不正プラン」では、不正の告発に対象を絞り込むことで、内部通報制度本来の機能を果たしつつコストの抑制を図ることができます。

GN海外言語標準プランの運用イメージ

貴社の従業員からのご相談、お問合せ(愚痴や他者中傷なども含む)、通報などすべてを受け付け記録いたします。上り(通報者からお客様)および下り(お客様から通報者)の双方向にきめこまく対応いたします。英語、中国語の通報については、通報受付、レポート作成、確認、レポート送信および翻訳などの運用はすべてデロイト内で完結させます。

様々なローカル言語にもオプションで対応(翻訳は外部委託)いたしますので、すでにグローバル各地に進出されているお客様にも安心してご利用いただけます。

GN海外言語不正プランの運用イメージ

GN海外言語標準プランとの違いは、不正を告発する通報のみを受け付けてご報告し、下りについては、お客様のご連絡先等をお伝えするだけに留める点です。通報者からの再連絡は異なる通報として件数加算されます。日本語対応も可能です。

不正を告発する通報とは「次の行為が社内で行われている」と主張する通報のことを指します。


・横領、背任等の違法行為が行われている
・知的財産権を侵害している
・贈収賄が行われている
・談合が行われている
・粉飾決算等の会計不正が行われている
・マネーロンダリングやインサイダー取引等の金融犯罪が行われている
・過失はでない監査不正により不正行為が見逃されている

 


≫今すぐお問合せ
        詳しいご説明資料(PDF)

≫グローバルホットラインページへ戻る

受付チャネルと運用時間

Eメールのみのお受け付けとなります。メールアドレスはエイリアスが貴社専用でドメインは弊社指定の文字列となります。メール受信には英語の自動返信メッセージが設定されておりますので、通報者の方が受信の可否を案じる心配はございません。

豊富な選択肢

「GN海外言語標準プラン」および 「GF海外言語不正プラン」 はそれぞれ「JN日本語標準プラン」と組み合わせてご発注いただくことができます。また、 「GN海外言語標準プラン」には、対象通報を限定せずに下りの対応を軽くすることでコストの抑制を図るLightパック、 「GF海外言語不正プラン」 には、不祥事発生時に類似不正案件の洗い出しを行なうために短期で窓口を設定できる、等のオプションが用意されており、お客様のご要望に併せてサービスを使い分けていただくことが可能です。

 


≫今すぐお問合せ
        詳しいご説明資料(PDF)

≫グローバルホットラインページへ戻る

ローカル言語にも対応 

 

「GN海外言語標準プラン」では、翻訳作業を外部委託することにより以下の言語にもオプションで対応いたします。今後対応言語を拡張していく予定です。
 

・タイ語
・ロシア語
・ポルトガル語
・スペイン語
・ヒンディー語
・ベトナム語
・タガログ語
・ネパール語
・韓国語

GN海外言語標準プランの料金体系

通報受け付けの対象者数に比例した料金体系です。契約期間は1年間で自動更新(更新時期に弊社から確認のご連絡を差し上げます)です。
年間で受信する通報が13件以上となった場合は、翻訳作業はオプションで別料金となります。

 


≫今すぐお問合せ
        詳しいご説明資料(PDF)

≫グローバルホットラインページへ戻る

GF海外言語不正プランの料金体系

定額料金と案件ごとの従量制料金を併用する料金体系です。契約期間は1年間で自動更新(更新時期に弊社から確認のご連絡を差し上げます)です。

年間で受信する通報が12件までは定額料金の中に含まれます。年間で受信する通報が13件以上となった場合は1案件ごとに追加料金をいただきます。 

ローカル言語対応の料金体系

GF海外言語標準プランにオプションで追加できるローカル言語対応は、定額料金と従量制料金を併用する料金体系です。
通報の受信の有無に関わらず発生する定額料金のほかに、案件ごとに発生する追加料金をいただきます。 

日本語対応に特化したプランもございます

 

同様のスキームで受付チャネルを拡張した日本語専用のプランもございます。海外言語プランとのお得な組み合わせプランもございますので、ぜひサービスのご説明ページにご来訪ください。

 

 

日本語プランのご説明ページ 


≫今すぐお問合せ
        詳しいご説明資料

≫グローバルホットラインページへ戻る

クライシスマネジメントに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

>> クライシスマネジメント:トップページ <<