サービス

新興国市場で優位性を構築するサステナビリティ戦略

デロイト トーマツ グループでは世界150を超える国のNGOや政府機関との国際的なネットワークを活かし、日本企業がサステナビリティ戦略によって新興国市場で競争優位を構築し、熱狂する消費者を生み出す一連の戦略行動をサポートします。

サステナビリティで築くグローバル市場の競争優位

サステナビリティ戦略はグローバル市場において競争優位を構築する必須の戦略となりました。環境対応や社会貢献という次元から、“事業に社会課題解決力を埋め込み、事業の成長規模に連動して社会課題解決力も大きくなっていく製品・サービス、ビジネスモデル、バリューチェーンの構築”へと、グローバル先進企業はサステナビリティをよりダイナミックな取り組みにしています。

サステナビリティで注視すべき点は、それが規制や制度といった“ルール”になって企業の前に現れ、企業活動に大きな影響を与えることです。社会課題を解決する手段として政府は新たな政策を検討し、ルールによって企業活動に秩序を形成します。また企業が自分で有効と判断したサステナビリティへの取り組みが必ずしも意義あるものとは限りません。多くの先進的なグローバル企業がNGOからの指摘に迅速に対応できない理由は、指摘された問題と自社との関係がすぐには把握できず、その問題を解決するうえで自身がどのような影響力を持っているか、日々の活動では認識できていないためです。

また、何よりもサステナビリティへの取り組みが不可欠な点は、成長領域となる新興国市場が“社会課題解決者と消費者の2つの人格を持った市場”になっていることにあります。新興国のNGO数は日本が約5万であるのに対し、中国で200万、インドでは300万を超える数に達しています。日本ではイメージできない社会課題への市民参加が、新興国市場では活発です。

NGOや政府機関とのネットワークを活かしサポート

デロイト トーマツ グループでは世界150を超える国のNGOや政府機関との国際的なネットワークを活かし、日本企業がサステナビリティ戦略によって新興国市場で競争優位を構築し、熱狂する消費者を生み出す一連の戦略行動をサポートします。

競争優位を実現するサステナビリティ戦略を立案する重要な問い
•自社が大きな影響力を発揮できる社会課題は何か?
•解決すべき問題が他業界にある場合に越境していくには?
•革新的社会に向けてルール形成をグローバルでリードするには?
•収益力の高いビジネスモデルにするには?
•競争力のあるサプライチェーンを構築するには?

関連する記事:

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー サステナビリティ戦略の最前線

第1回 第2回 第3回

Deloitte Review
Sustainability 2.0