サービス

ビジネスイベント後の決算・財務報告支援(マネージドサービス)

監査の知見を生かしてビジネスイベント後の決算・財務報告をサポートします

M&A取引や組織再編、新事業の立ち上げ、不正会計の発覚、新会計基準の導入といったビジネスイベントにおいては、必要な会計処理・開示を、適時、適切に行うことが求められます。しかし、限られた準備期間や人材の中、企業単独での対応には限界があるため、適切な会計処理・開示が行われないリスクや遅延するリスクが高まります。このような状況下、決算・財務報告をタイムリーに行うために必要となる一連の対応を支援します。

サービスの概要

時間や専門的知識、経験豊富な人材が不足する状況下において、企業が決算・財務報告をタイムリーに行うために必要となる以下のような一連の対応をデロイト トーマツが支援します。

  • 親会社・子会社等の単体決算
  • 連結決算(連結パッケージの検討を含む)
  • 適時開示書類、有価証券報告書等(各種注記情報を含む)の作成・検討
  • 社内外への説明、監査対応に必要な分析・各種説明資料の作成

など

 

サービスの特徴

会計士によるサービス

難しい会計処理・注記数値の集計や、過去に類似の経験がないため効率的な実施が難しいビジネスイベント固有の決算作業などを、監査・会計等の深い知識・経験を有するデロイト トーマツの会計士が迅速かつ的確にお手伝いします。

大規模プロジェクトへの対応

時間・リソースが限られる中で遅滞なく決算・財務報告を実施するために、必要なリソースを見積もったうえで、多人数となる場合でも柔軟に専門家を配置します。

自走化

決算・財務報告支援サービスの全過程において翌年度以降の継続的な決算・財務報告に向けた課題を抽出し共有をすることで、決算・財務報告の自走化を目指します。

 

プロジェクトアプローチの例

デロイト トーマツは、ビジネスイベント後のタイムリーな決算・財務報告のため、方針策定・準備から会計処理、開示までの全過程において、プロジェクト・マネジメントを含め協働いたします(※1)。

※画像をクリックすると拡大表示します

※1 デロイト トーマツが監査を行っているクライアント等につきましては独立性の観点からご提供できないサービスがございます。詳細は担当者までお問合せください。

※2 海外子会社等が関連する業務につきましては、デロイトのグローバルネットワークを活かして、グループ全体でのビジネスイベント後の決算・財務報告支援サービスを提供します。

ビジネスイベント後の決算・財務報告支援(マネージドサービス)、その他ファイナンシャルリスクに関するお問合せやご相談はこちら

≫お問合せフォーム≪

プロフェッショナル

鈴木 泰司/Taiji Suzuki

鈴木 泰司/Taiji Suzuki

有限責任監査法人トーマツ パートナー

1992年監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入社、1997年から2001年まで米国ロサンゼルス事務所駐在。日本基準, US GAAP, IFRSに係る監査・アドバイザリー業務に幅広く従事、IFRS導入業務に幅広い経験を有している。 2013年10月より、有限責任監査法人トーマツIFRS アドバイザリーグループリーダーを務めている。 ... さらに見る

小林 功幸/Noriyuki Kobayashi

小林 功幸/Noriyuki Kobayashi

有限責任監査法人トーマツ パートナー

2007年有限責任監査法人トーマツ入社。アカウンティングの知見と監査経験を生かしたアドバイザリー業務に幅広く従事、決算・財務報告プロセスの再構築、ガバナンス強化に幅広い経験を有している。  ... さらに見る