サービス

中国不正対応サービス

中国の主要都市に80名を超えるフォレンジックサービスのプロフェッショナルが配置されており、日本チームと協働で、中国進出企業が抱える不正リスクに応じて、さまざまなサービス提供実績があります。

中国における経済上の重要性と不正リスク

日本企業にとって中国事業の位置づけは今や生命線ともなっており、中国における事業リスクマネジメントの重要性が年々高まっています。具体的には、生産拠点の中国への移行、中国からの資材調達、最近では総務業務を中国へオフショア化する等依存度は高まっています。しかし、日本企業は、汚職やサプライチェーン不正から、広くは食品偽装やストライキまで、少なからず損害を受けているケースが散見されます。本来であればコスト削減のための中国進出が、必ずしも利益を最大化できていない状況であり、企業は、中国におけるリスクをどのようにコントロールできるかを考えるべき状況であると言えます。
フォレンジックサービスの中国不正リスクの対応サービスでは、中国進出企業が抱える不正リスクに応じて、さまざまなサービス提供実績があります。

•不正調査(経営者不正、従業員不正、情報漏洩等)
•不正リスクマネジメント(不正の予防と早期発見)
•ステークホルダーや特定の関連人員に対するインテグリティデューデリジェンス(バックグラウンド調査)
•データ分析ツール(CAAT等)を利用した不正検知 等