サービス

データアナリティクスツールの活用による内部監査高度化サービス

デロイト グローバル アナリティクスツールAuditWiseのご紹介

近年、企業経営に関するさまざまな領域で、データアナリティクスを活用する事例が増えています。 AuditWiseを活用することで、内部監査の領域において、経験やスキル・ノウハウをもった人材不足の解消、監査人の経験や勘に頼らずにデータの裏付けをもった効果的な監査を実現することが可能です。

内部監査高度化においてデータアナリティクスが求められる背景

近年、企業経営に関するさまざまな領域で、AIやビッグデータを活用して経営戦略の立案やマーケティングを実施するなど、経営管理や業務効率化を行う際にデータアナリティクスを活用する事例が増えています。

AuditWiseは、内部監査の領域において、経験やスキル・ノウハウをもった人材不足を解消する手段として、また、監査人の経験や勘に頼らずにデータの裏付けをもった効果的な監査を実現するために開発されました。

伝統的な内部監査の手法は、監査人による経験をもとにしたサンプルベースの手続きが中心で、金額の大きさやトランザクションの多さといった指標をもとにリスクを把握していました。AuditWiseはプロセスごとにすべての取引データを読み込んで、異常値・外れ値といったその母集団が持つ属性からの逸脱を明らかにします。監査人は異常値・外れ値を集中的に検査・調査することで、リスクアプローチに適った効果的な監査を行うことが可能になります。

AuditWiseの特徴とメリット

デロイトが提供するAuditWiseには以下の特徴があります。
 

AuditWiseの3つの特徴

1. データ全件を簡単にテスト

  • クラウドベースのプラットフォームであり、新規システム開発、インストールの手間やコストは不要です
  • テストシナリオが標準実装されており、改めてシナリオを考える必要はありません

2. 結果がリスクに応じて一目瞭然

  • Business Intelligenceツールによる結果の可視化により、リスクが高い領域が一目瞭然になります
  • マシンラーニング(教師なしアルゴリズム)*により、データ中に特異なパターンのデータが発見された場合は、そのリスクに応じたリスクスコアが付されます(詳細は後述)

3. ダッシュボードにより容易に分析可能

  • ドリルダウン機能により、サンプルの詳細を掘り下げて分析することが可能です
     

*マシンラーニング(教師なしアルゴリズム)とは、大量のデータを読み込むことで反復学習を行い、データに潜んでいるパターンを見つけ出すことであり、人間では到底不可能な短時間で、人間の指示なく、コンピューターが自ら正確な結果を見つけ出す、狭義の人工知能(AI)のことです。

 

マシンラーニング(教師なしアルゴリズム)

AuditWiseは、内部監査を支援するツールとしては類を見ない教師なしアルゴリズムのエンジンを搭載したマシンラーニングです。これは、人間の主観や過去の経験を排除し、データという事実のみをもって分析できるというメリットがあります。

 

【図:データ母集団のマッピング例ほか分析画面イメージ】

データ母集団のマッピング図例ほか分析画像イメージ

 

AuditWiseは、デロイトに所属する人工知能(AI)やIT、内部監査の専門家等がチーム一体となって開発したデロイトのアナリティクスツールであり、グローバルでは既に80社以上のお客様に導入頂いています。マシンラーニングやテストシナリオには、デロイトのグローバルかつ豊富な事例と経験が盛り込まれています。

 

AuditWise活用事例

AuditWiseには、不正の兆候を発見するためのテストシナリオが実装されています。

不正の観点以外にも、ファイナンスの観点から、業務改善にまで至った事例が複数報告されており、AuditWiseの活用による効果は不正対策のためだけの限定的なものではありません。

 

デロイト トーマツ グループでは総合的なアプローチでアナリティクスの導入を支援します

データアナリティクスは、活用するツールや手法に加えて、分析結果や結果に基づく施策の立案まですべてのプロセスが複雑で専門的なため、企業はデータアナリティクスとオペレーショナルリスクに関するスキルや経験が求められます。

これら専門家活用のニーズは着実に増加しており、デロイト トーマツ グループは、データアナリティクスの活用に対して、アナリティクスの専門家とオペレーショナルリスクの専門家が一体となって総合的なアプローチで企業のデータアナリティクスの導入を支援します。

本記事に関してのより詳細な内容や関連資料、事例の紹介資料等を多数用意しております。詳しい資料をご要望の場合は以下のフォームよりお問い合わせください。

>> お問い合わせフォーム <<

プロフェッショナル

仁木 一彦/Kazuhiko Niki

仁木 一彦/Kazuhiko Niki

有限責任監査法人トーマツ パートナー

オペレーショナルリスク・プラクティスの日本責任者、IR(統合型リゾート)ビジネス・プラクティスの責任者を務める。 公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士。 2000年公認会計士登録。 【オペレーショナルリスク・プラクティス】 15年以上にわたり、リスクアドバイザリー業務に従事し、オペレーショナル・リスク領域のプロジェクト責任者を多数務める。 専門分野は、コーポレートガバナンス、内部統制、内部監... さらに見る

菊永 ブルース/Bruce Kikunaga

菊永 ブルース/Bruce Kikunaga

有限責任監査法人トーマツ パートナー

有限責任監査法人 トーマツにて、主に製造業を中心としたグローバル案件の日本対応を担当している。日本企業の海外進出に伴うガバナンス体制構築の支援、内部監査支援のプロジェクトもリードしている。... さらに見る