サービス

金融機関におけるITガバナンス態勢の第三者評価

有限責任監査法人トーマツは、ITガバナンスに関する国際的なフレームワークであるCOBIT 5やその関連フレームワークを活用し、専門家による客観的な立場からITガバナンス態勢の現状把握、課題の特定、改善策の提案を行い、金融機関におけるITガバナンス態勢の構築・高度化を支援します。

ITガバナンスの必要性

近年の金融機関を取り巻く環境として、デジタルテクノロジーによるイノベーションが急速に進展しており、ITをコアビジネスに戦略的に活用されるようになってきています。

このようにITが経営の根幹を担うこの時代においては、経営者がITを自分の問題として主体的に取り組み、ITを活用してステークホルダーニーズを充足するビジネス価値を創出し、持続的成長や中長期の企業価値の向上を実現していくための、ITガバナンスの確立や改善が極めて重要になってきています。

※画像をクリックすると拡大表示します

評価アプローチ

ITガバナンスに関する国際的なフレームワークであるCOBIT 5やその関連フレームワークを活用し、専門家による客観的な立場からITガバナンス態勢の現状把握、課題の特定、改善策の提案を行い、金融機関におけるITガバナンス態勢の構築・高度化を支援します。

 

当サービスに関する有限責任監査法人トーマツの強み

有限責任監査法人トーマツは、ITガバナンスに関する国際的なフレームワークであるCOBIT 5やその関連フレームワークに精通し、これらフレームワークを活用したITガバナンス態勢の構築や改善に関し、豊富な経験を有しています。また、評価対象の金融機関の規模や特性に応じた評価が可能であり、経験に裏付けられた適切な改善の提言により、ITガバナンス態勢の構築を支援します。

 

関連サービス

  • ITガバナンス態勢の構築支援
  • グループITガバナンス態勢の構築支援
  • デジタルガバナンス態勢の構築支援
  • ITガバナンスに関する内部監査支援
  • 特定評価テーマ(*)に対するシステム外部監査/内部監査支援
    *クラウド導入・管理態勢、RPA管理態勢、API接続、マイナンバー管理態勢、等