サービス

金融機関の経営管理態勢高度化の支援

デロイト トーマツ グループのレギュラトリーサービスは、各金融機関の業務特性等を勘案して、内部管理態勢を構成するカテゴリーごとに「あるべき内部管理態勢のフレームワーク」と「運用のあり方」を整理し、その構築や高度化を支援するものです。これまでのサービス提供を通じて蓄積したノウハウおよびデロイトのグローバルネットワークから得られる最新情報に基づき、経験豊富な各分野の専門家による高品質なサービスを提供します。

関連コンテンツ

金融機関の経営管理・コンプライアンス・内部監査・リスク管理機能の高度化支援
- 内部管理態勢の外部評価から高度化支援までの一貫したサービス -

適切な経営管理(ガバナンス)の下で、業法をはじめとする法令や内部規程等を遵守するとともに、企業文化・組織・業務の規模や特性に応じたリスクを識別し適切に管理する「内部管理態勢」を構築することは、金融機関に求められる業務の健全性と適切性の確保および顧客保護を確実にするための最も重要な経営課題です。
さらに、絶え間ない経営環境の変化や経済社会からの要請に対応するために「内部管理態勢」の高度化を推進し、PDCAサイクルをより効果的に機能発揮させることが、強固な経営基盤を維持する観点から必要不可欠です。

デロイト トーマツ グループが提案するレギュラトリーサービスは、各金融機関の業務特性等を勘案して、内部管理態勢を構成するカテゴリーごとに「あるべき内部管理態勢のフレームワーク」と「運用のあり方」を整理し、その構築や高度化を支援するものです。デロイト トーマツ グループは、銀行・保険会社・証券会社などの金融機関や投資顧問・ファンド会社等に対して、サービス提供を通じて蓄積したノウハウおよびデロイトのグローバルネットワークから得られる最新情報に基づいて、経験豊富な各分野の専門家による高品質なサービスを提供します。