サービス

グローバルガバナンス(金融機関向け)

グローバル企業においては、海外子会社のガバナンスをいかに効果的に機能させるかが重要な経営課題です。特にアジアでは、経済・社会インフラ等未成熟な部分が多く、親会社のガバナンスコントロールが十分に働かないこともあります。 デロイト トーマツ グループは、グループガバナンスの重要な役割を果たす内部監査が効果的かつ効率的に機能するように、リスクベースによる海外子会社の内部監査の高度化に資する支援を行います。

関連コンテンツ

金融機関は高度なガバナンスが求められており、金融機関の経営の安定化に資するために、どのような組織体制(責任と権限の付与)、コンプライアンス態勢、内部管理態勢(モニタリング・報告態勢)を構築すべきか、経営陣を常に悩ませる課題となっています。また、金融機関は、顧客企業の海外進出への対応、飽和した国内市場での生き残り戦略といった観点で、さまざまな形態による海外展開を図っています。特にアジアでは、現地の法律による出資比率の制限や現地企業の買収等によって全額出資子会社に該当しない場合も多く、金融機関の進出形態に関わらず、本店または親会社のガバナンス態勢の発揮が強く求められます。このため、個社およびグループが直面するリスクに適したガバナンス態勢を、グループ内で整合的に構築する必要があります。
デロイト トーマツ グループは、財務諸表監査やシステム監査等の外部監査だけでなく、内部監査に対する外部評価等のサービス実績を有しています。また、内部管理態勢・内部統制・内部監査・コンプライアンス・情報セキュリティ等の専門家が、規制当局出身者や各国に駐在する日本人バイリンガルを交えたデロイトのメンバーファームとの連携を通じて、現地の規制動向、商習慣および日本の規制当局の方針等を踏まえて、健全なガバナンスの構築に向けて多面的な支援を行うことができることも、デロイト トーマツ グループの強みです。

また、グローバル企業においては、海外子会社のガバナンスをいかに効果的に機能させるかが重要な経営課題です。特にアジアでは、経済・社会インフラ等未成熟な部分が多く、親会社のガバナンスコントロールが十分に働かないこともあります。
デロイト トーマツ グループは、グループガバナンスの重要な役割を果たす内部監査が効果的かつ効率的に機能するように、リスクベースによる海外子会社の内部監査の高度化に資する支援を行います。