サービス

ESGリスク・機会の分析、ESG目標設定

社会課題の中からリスクや機会を分析・抽出し、企業価値向上に資するESG目標を策定

マクロ環境の変化や、長期的かつグローバルな社会課題の中から、経営に甚大な影響を与えるリスクや機会を分析・抽出し、企業価値の中長期的な向上に資するESG目標の設定を支持します。リスク・機会の策定プロセスや施策検討の段階では、ステークホルダーとの対話を重視し、透明性のある意思決定を行うためのプロセス構築に関するアドバイスを行います。また、SDGs(持続可能な開発目標)やSBT (科学的根拠に基づく環境目標)といった、グローバルな目標へのコミットメントに関するアドバイスも行います。

ESGリスク・機会の特定

近年、企業にはこれまで以上に長期的な意思決定が求められており、グローバルな機関投資家を中心に「ESG(環境・社会・ガバナンス)」といった非財務的な要素を投資判断や企業の評価指標等に組み込む動きが本格化しています。ESG投資は、2006年に国際連合が提唱した「責任投資原則(PRI)」を契機として、欧州を中心に発展してきた概念ですが、日本国内でも、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2015年にはPRIへ署名し、その後2017年に日本株の3つのESG指数を選定して投資を開始したことで、加速度的に関心が高まっています。

こうしたESG投資の隆盛を受け、企業は自らの事業活動におけるESGリスク・機会を適切に把握し、リスクの最小化と機会の最大化に向けてどの様に取り組んでいくのか、投資家に対して方向性を示していくことが求められています。

デロイト トーマツは、経済・環境・社会といったマクロ環境の変化とSDGs(持続的な開発目標)等のグローバルな社会課題の中から、経営に影響を与えるリスクや機会の抽出・分析を行います。

長期重要リスクの特定

※画像をクリックすると拡大表示します

ステークホルダーエンゲージメント

リスク・機会の特定過程においては、ステークホルダーの関与が重要です。社会的責任の国際的なガイダンス規格であるISO26000では、企業の持続的な発展を実現するためには、顧客や株主のみならず、従業員や地域社会、取引先といったあらゆるステークホルダーとのエンゲージメントが必要不可欠であるとされています。

ステークホルダーエンゲージメントとは、「企業が社会的責任を果たしていく過程において、相互に受け入れ可能な成果を達成するために、対話などを通じてステークホルダーと積極的にかかわりあうプロセス」(※)を指します。ステークホルダーエンゲージメントを通じ、主要なステークホルダーとリスク・機会に対処する協働パートナーとしての関係を構築することで、透明性、信頼性のある意思決定を行うことが可能となります。

デロイト トーマツは、グローバルな知見と実績を活用し、ステークホルダーの選定やエンゲージメントの場の設定、企業が見えづらい気づきの提供等を通じ、円滑なステークホルダーエンゲージメントの実施を支援します。

(※)一般社団法人 日本経済団体連合会 企業行動憲章 実行の手引き(第7版)、ISO 26000作業部会における日本産業界提案より

 

ESG目標の設定

ESGに関する目標は、社会的・世界的ニーズに基づいて設定することで、イノベーションや創造性を促進することが可能です。現行の事業目標の延長として、同業他社との比較によって目標を設定していく「インサイド・アウト」の従来型のアプロ―チではなく、SDGs等のグローバルな社会課題から、何が求められ、その達成に向けて何が必要かという観点から目標設定を行う「アウトサイド・イン」のアプローチが求められています。

設定した目標を公表することで経営トップのコミットメントを示しつつ、責任部署の明確化やサステナビリティ委員会等の会議体の設置等を通じて推進体制を整備することで、目標達成に向けた環境を整えることも必要となってきます。

デロイト トーマツは、ステークホルダーエンゲージメントを通じて特定されたリスク・機会を踏まえて、企業が目指すべきESG目標の設定支援を行うだけでなく、目標を達成するための企業の体制構築に係るアドバイスも提供します。

目標設定に欠かせない考え方:目標設定アプローチ

※画像をクリックすると拡大表示します

気候変動リスク・シナリオ分析

CDP、国連グローバル・コンパクト、世界資源研究所(WRI)、世界自然保護基金(WWF)の4団体が2015年に協働して設立したSBT(Science Based Target)イニシアチブでは、企業に対し、2℃目標に向けて科学的知見と整合したGHG(温室効果ガス)削減目標を設定することを推奨しています。また、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の報告書では、企業に対して、気候変動に関するシナリオ分析を求めており、2018年からCDPの回答にも同様の項目が盛り込まれました。

自社を取り巻く環境を長期的な観点で分析し、リスクや機会に関して想定されるシナリオによる影響を投資家へ説明するという動きは、今後もますます加速していくことが予想されます。

デロイト トーマツは、グローバルレベルでSBTイニシアチブの推進組織と強固なリレーションを有するだけでなく、TCFDの検討メンバーにも選ばれており、豊富な知見を活かして気候変動に関わるリスク・機会の洗い出しやシナリオ分析、目標設定等に関する支援を行います。


気温上昇を2℃未満に維持するために必要な脱炭素化のレベルと一致している温室効果ガス(GHG)削減目標

※画像をクリックすると拡大表示します

SBTi(SBTイニシアティブ)

政策決定者に対し、先進企業による意欲的な取り組みを示すことで、国際的な気候変動交渉にポジティブな影響を与えることを目的とする組織。企業に対し、2℃目標に向けて科学的知見と整合した削減目標を設定することを推進している。例えば、2050年といった長期的視点に基づいた、企業のGHG削減に関するビジョンや目標を設定することを重視・推奨している。また、この目標設定を支援するためのガイダンスやツールなども策定している。

ESG・統合報告に関するご相談、お問合せは以下からお進みください。

≫ お問合せフォーム ≪

プロフェッショナル

達脇 恵子/Keiko Tatsuwaki

達脇 恵子/Keiko Tatsuwaki

有限責任監査法人トーマツ パートナー

これまでにESG(環境・社会・ガバナンス)、リスクマネジメント、内部統制などの各種ガバナンス関連のコンサルティングに従事。現在はデロイト サステナビリティ 日本統括責任者としてクライアントのESG領域における取り組みを支援している。 主な実績はCSRレポート・統合報告書の作成コンサルティングやマテリアリティ評価を含むCSR戦略立案コンサルティング、およびその企業戦略への組み込み支援等。 主要著書:... さらに見る