通商政策を経営戦略に活用するために

ナレッジ

国際通商ルールを経営戦略に活用するために

デロイト トーマツ コンサルティング プロフェッショナルによる知見

各種FTA・EPAによる関税削減効果を享受していない日本企業が、多く見受けられます。しかし通商・貿易政策は流動的なため、実態を把握することは容易ではありません。企業が国際通商ルールをどう活用すればよいか、デロイト トーマツ コンサルティングのプロフェッショナルによるこれまでの知見をまとめました。

国際通商プロフェッショナルによる、2016年米国大統領選に関するコラム

米大統領選に伴う影響(速報) 多国間リベラルから米リアリズムへの回帰へ

米国の次期大統領にドナルド・トランプ氏が選出され、米国のレジーム転換を位置付ける形となった。これに伴う影響について国際ビジネスインテリジェンスチームが海外事業を推進する日本企業への考慮点について、金融、通商の観点ならびに欧州、中国、ASEANといった他地域への影響の観点からまとめた。(2016.11.10)

 

米国大統領選(トランプ・ショック)の通商インパクト(2016年11月版)

米国の次期大統領にドナルド・トランプ氏が選出された。自由貿易を否定する保護主義的な政策方向性を強く打ち出した選挙活動を経た大統領選出であることから、特に通商関連のリスクが懸念されている。「トランプ・ショック」と呼ばれるリスクの通商論点をデロイト トーマツ コンサルティングの通商専門家が速報としてまとめた。(2016.11.18)

 

トランプ政権始動、「NAFTA再交渉の経済影響」

米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏は「TPP離脱」とともに「NAFTA再交渉」を掲げ、勝利した。日本では「TPP離脱」ばかりが注目されるが、実は「NAFTA再交渉」こそが、未曽有の通商リスクである。デロイト トーマツ コンサルティングの通商専門家である羽生田慶介が解説する。(週刊エコノミスト2017年1月24日特大号に寄稿した内容を一部変更して掲載しています)(2017.01.18)

 

米国人の多くが気づいていないTPPの真の意味

19世紀以来、先進国が産業競争力を強化する上で強力なツールとして機能した自由貿易。その恩恵を最も受けたはずの米国で保護主義のうねりが台頭しつつある。TPP離脱で米国が失うのはグローバル経済のリーダーシップ。それにほくそ笑むのは中国だ。〔日経BPムック『トランプ解体新書』(2017年3月1日発行)に寄稿した内容を一部変更して掲載しています〕(2017.02.01)

 

国際通商プロフェッショナルによる、2016年米国大統領選に関するコラム

【日経産業新聞 2016年3、4月連載】TPPをどう活用すべきか

TPP実現の意義とその可能性

環太平洋経済連携協定(TPP)が2016年2月に署名された。難解な協定文書を読み解き、ビジネスへの示唆を出す「通商とビジネスの間の翻訳」はできているだろうか。TPPのビジネスインパクトを解説し、TPPを含む経済連携協定を活用して利益を上げる方策について、解説する。(2016.04.05)

 

TPPのメリットとリスク

TPPのビジネスインパクトおよび、TPPを含む経済連携協定を活用して利益を上げる方策につき、「原産地規則」「投資・サービス分野の自由化」「知的財産制度」において、具体的な事例を紹介し、解説する。(2016.04.12)

 

TPPの産業別インパクト

TPPが2016年2月に署名された。これまでTPPの主なビジネスへの影響を、協定の章立てに沿って述べてきた。今回から、各産業別に注視すべき内容を挙げる。(2016.04.19)

 

企業が2016年に準備すること

TPP12ヵ国の国内批准プロセスに不確定要素はあるが、2017年に発効する前提で、企業が2016年に取り組むべき準備を説明する。(2016.04.26)

 

【日経産業新聞 2016年3、4月連載】TPPをどう活用すべきか

『日本企業はTPPをどう活用すべきか』 ~経営戦略に与える影響を協定文から読み解く~

第1回 (物品市場アクセス、原産地原則)

環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉参加国は、現在、個別の条文の精査などの専門的な作業を進めており、2016年2月にも協定本文とその附属書に署名する見通しとされる。本シリーズでは、TPP協定文を読み解き、経営戦略に与える影響と具体的な活用方法を紹介する。第1回目となる今回は、物品市場アクセスと原産地規則について解説する。(2015.12.16)

 

第2回 (投資・サービス)

TPP協定が発効すれば、世界の国内総生産(GDP)の約4割を占める、人口8億人の巨大な自由貿易圏が実現する。本シリーズでは、TPP協定文を読み解き、経営戦略に与える影響と具体的な活用方法を紹介する。第2回目となる今回は、投資・サービスについて解説する。(2016.01.25)

 

第3回 (政府調達・国有企業・競争政策)

2016年2月4日、TPPは、交渉に参加した12ヵ国によって署名された。世界の国内総生産(GDP)の約4割を占める、人口8億人の巨大な自由貿易圏がその実現に向けた一歩を踏み出した。本シリーズでは、TPP協定文を読み解き、経営戦略に与える影響と具体的な活用方法を紹介する。第3回となる今回は、政府調達・国有企業・競争政策について解説する。(2016.02.19)

 

『日本企業はTPPをどう活用すべきか』 ~経営戦略に与える影響を協定文から読み解く~

国際通商ルール(TPP・FTA)対応戦略

第1回 ~なぜいま国際通商ルールが経営課題とされるのか~

TPPをはじめとする世界的なルール環境の変動により、グローバルに展開する企業はもちろん、国内に事業主軸を置く企業も、自社の競争力に決定的な影響を受けることとなる。一方で、新しい通商ルールを自社の競争力の源泉として戦略的に活用できている企業は、多いとは言えない。本シリーズでは、最新の国際通商ルールの動向とビジネスが認識すべき環境変化について、4回にわたって解説する。(2014.08.27)

 

第2回 ~TPPにおける各国思惑と主要論点~

TPP/RCEP/AECなど、かつてない広範かつ高インパクトの広域経済連携枠組みによって、ビジネス上看過できないほど、世界の通商・産業ルールが激変する可能性がある。「国際通商ルール(TPP・FTA)対応戦略」シリーズ第1回では、このような世界経済連携の潮流と重層化・複雑化する世界の経済連携網を概観し、「なぜいま国際通商ルールが経営課題とされるのか」について解説した。第2回となる今回は、TPPの成り立ちから、TPPをめぐる各国の思惑、そして主な論点について解説する。(2014.09.29)

 

第3回 ~TPP以外で経営戦略上「最も注目すべき」経済連携~

「国際通商ルール(TPP・FTA)対応戦略」シリーズ第1回・第2回では、世界経済連携の潮流と重層化・複雑化する世界の経済連携網を概観し、TPPの成立や論点について解説した。シリーズ第3回となる今回は、RCEP、日EU EPAなど、その他経営が「最も注目すべき」経済連携について解説する。(2014.12.17)

 

最終回 ~国際通商ルールを経営戦略に活かす:関税コスト削減およびルール変化への対応~

「国際通商ルール(TPP・FTA)対応戦略」シリーズでは、通商・産業ルールの変化による世界経済連携の潮流と重層化・複雑化する経済連携網を概観し、「なぜいま国際通商ルールが経営課題とされるのか」について、TPP、RCEP、日EU EPAなどの経営戦略上「最も注目すべき」経済連携枠組みを中心に解説した。最終回となる今回は、国際通商ルール対応戦略について解説し、激変するルール環境において、経営陣はどのような対応策をとりうるのかを提示する。(2015.02.03)

国際通商ルール(TPP・FTA)対応戦略

産業別、通商政策に関するコラム

TPPによる食品業界へのインパクト

TPP妥結に向けて日米はじめ各国が正念場を迎えている。このインパクトの大きさは、単に参加国の経済規模だけでは測ることができない。それは、関税削減の議論に留まらず、サービス貿易の自由化、さらには規制・基準など、より広範なルールが対象とされているためである。グローバル企業はもちろん、国内に事業の主軸を置く企業もまた自社の競争力に決定的な影響を受ける可能性は高い。本稿では食品業界へのインパクトを解説する。(2014.07.15)

 

TPPが食品分野に与える影響

TPP協定について2015年10月、交渉が大筋合意に達したことを発表した。2016年2月にも協定本文と附属書に署名する見通しとされ、GDPの約4割を占める人口8億人の巨大な自由貿易圏がその実現に向けて歩き出した。グローバル企業、国内に事業の主軸を置く企業ともに自社の競争力に決定的な影響を受ける可能性は高い。本稿では2015年の大筋合意を踏まえた食品業界へのインパクトを解説する。(2015.12.21)

 

TPPの産業別インパクト(自動車)

「TPPの自社への影響は」という問いを企業にかけたとき、「不明」や「軽微」という回答が少なくないことは、TPP交渉の結果が不成功だったからではありません。理由は、難解な協定文書を読み解いてビジネスへの示唆を出す「通商とビジネスの間の翻訳」ができていないからに他なりません。このシリーズでは産業別に「TPPで何が変わるのか」「TPPをどうビジネスに活かせばいいのか」を解説します。(2016.04.19)

産業別、通商政策に関するコラム
お役に立ちましたか?