最新動向/市場予測

IIRCの新たな協力関係

自然資本に関する企業報告要件の世界的調和に向けて

国際統合報告評議会(IIRC)は、統合報告において重要でかつ関連のある組織との関係性を築くため、WICIに引き続き、CDPとCDSBともMoUを締結しました。(統合報告関連ニュース 2013.7.19)

「IIRCの新たな協力関係」

国際統合報告評議会(IIRC)は、CDP(以前の「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト」)および気候変動開示基準委員会(CDSB)と、協力関係を強化し、自然資本に関する企業報告の要件を世界的に調和化し、明確にするために覚書(MoU)を締結しました。このMoUは、IIRCと世界知的資産/資本イニシアチブ (WICI)との間で知的資本に関連して締結されたMoUに続くものです。

IIRCはすでに国際会計士連盟(IFAC)、国際会計基準審議会(IASB)、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)と協力関係にあります。CDP、CDSB、WICIとのMoUの締結は、IIRCが提唱する統合報告のフレームワークに基づく統合報告において重要となるトピックに焦点を当てている専門組織との協力関係を築く次のステップであると考えられています。

IIRCのコンサルテーション・ドラフトへのコメントは2013年7月15日に締め切られました。IIRCは2013年末までに統合報告のフレームワークの最初のバージョンを公表する予定です。

 


>>IIRC enters into further alliances(IAS Plus・英語)より
http://www.iasplus.com/en/othernews/sustainability/2013/iirc-mous
>>プレスリリース(IIRCのWebサイト)
http://www.theiirc.org/2013/07/18/cdp-cdsb-and-iirc-announce-collaboration-to-accelerate-integrated-reporting/

お役に立ちましたか?