最新動向/市場予測

IIRCとSASBが協力協定に署名

投資家とより良い価値コミュニケーション構築に向けて

国際統合報告評議会(IIRC)とサステナビリティ会計基準審議会(SASB)は、企業による開示の発展と投資家へのより良い価値コミュニケーションを目指して連携するために覚書を締結しました。(統合報告関連ニュース2014.01.17)

関連コンテンツ

IIRCとSASBが協力協定に署名

国際統合報告評議会(IIRC)とサステナビリティ会計基準審議会(SASB)は、企業による開示の発展と投資家へのより良い価値コミュニケーションを目指して連携するために覚書を締結したと発表した。

当該覚書には、両組織の目的が一致するように以下の項目が含まれている。
・それぞれの組織で推進している報告のフレームワーク、ガイドラインや基準が、互いに補完的かつ互換性を有すること
・重要で関連性のある情報に対する透明性と共有

当該覚書は署名日である2013年12月17日から2016年12月31日まで有効であり、両組織の合意があれば、延長される。

詳細は以下のIIRCのWebサイトを参照ください。

プレスリリース
http://www.theiirc.org/2014/01/16/sasb-and-iirc-announce-memorandum-of-understanding/
IIRC and SASB sign cooperation agreement(IAS Plus・英語)より
http://www.iasplus.com/en/news/2014/01/iirc-sasb-mou

(223KB, PDF)
お役に立ちましたか?