最新動向/市場予測

非財務情報・多様性情報開示に関するEU指令の公表

社会的に重要な影響力のある大会社には、環境社会情報のアニュアルレポートでの開示が求められる

環境・社会・ガバナンス(ESG)問題の是正に取り組む大企業やその他事業体を対象にした、非財務情報・多様性情報についての開示に関する指令が、2014年11月15日、EU官報(Official Journal of the EU)において公表されました(統合報告関連ニュース2014.11.17)

関連コンテンツ

非財務情報・多様性情報開示に関するEU指令の公表

環境・社会・ガバナンス(ESG)問題の是正に取り組む大企業やその他事業体を対象にした、非財務情報・多様性情報についての開示に関する指令が、2014年11月15日、EU官報(Official Journal of the EU)において公表されました。

この新EU指令によると、従業員数500人を超える社会的に重要な影響力のある大会社は、関連する重要な環境社会情報をアニュアルレポートに開示することが求められます。なお、グループ内の個別の会社単位でなく、グループ全体としての開示が求められます。

上場している大会社は、更に、多様性ポリシーについての情報提供が義務づけられることとなります。この多様性とは、年齢、性別、地域多様性、学歴・職歴などをさします。多様性ポリシーの目的、どのようにそのポリシーが導入されているか、そして結果についての説明が求められます。

当該指令は公表の20日後に施行となります。EU加盟国は、2016年12月6日までに国内法において当該指令に対応するよう義務付けられています。当該新指令は、2017年1月1日から始まる会計年度もしくは2017年の暦年中に、対象となる全ての会社に適用となります。

詳細は以下をご参照ください。

EU Directive on disclosure of non-financial and diversity information published(IASPlus・英語)

EU Lawサイト
Directive in the Official Journal(英語)

お役に立ちましたか?