最新動向/市場予測

国際取引所連合、取引所向けのガイドラインを公表

取引所が企業に求めるサステナビリティーのディスクロージャー指針

より多くの企業でサステナビリティに関する開示の拡充が期待されます。(統合報告関連ニュース2015.11.06)

関連コンテンツ

国際取引所連合、取引所向けのガイダンスを公表

国際取引所連合(WFE)は、加盟する取引所に向け、サステナビリティ方針の適用に関するガイダンスを公表した。ガイダンスは、各取引所が上場する企業向けのディスクロージャー指針に組み込むことができる、重要な環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する指標を特定している。

具体的に、エネルギー消費量、水管理、人権、児童労働等、34の開示項目とKPI(主要パフォーマンス指標)が表形式で提供されており、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)のG4、米国サステナビリティ会計基準審議会 (SASB)、国際統合報告評議会(IIRC)、国連グローバル・コンパクトとのリファレンスも記載されている。

詳細は、WFEのホームページに掲載されているプレスリリース、ガイドライン、ESG指標を参照。

プレスリリース(WFE) ※外部サイト
http://www.world-exchanges.org/home/index.php/news/world-exchange-news/world-exchanges-agree-enhanced-sustainability-guidance

詳細は以下をご参照ください。
http://www.iasplus.com/en/news/2015/11/sustainability(IASPlus・英語)
 

お役に立ちましたか?