最新動向/市場予測

気候変動のリスク等の報告

企業報告において求められる開示情報 

気候変動に関するリスクへの対応と説明が求められています。(統合報告関連ニュース2016.1.22)

関連コンテンツ

気候変動等のリスク等の情報開示の動き

CDSBの提案

気候変動情報開示審議会(The Climate Disclosure Standards Board :CDSB)は、カーボントラッカーイニシアチブ(the Carbon Tracker Initiative)と共に、化石燃料会社によるリスク報告に関する提案を公表した。そのレポート「炭素制約世界における報告と開示に関する検討事項」では、次の質問が検討されている。
・資源会社は気候変動リスクや座礁炭素資産リスクについて何を報告すべきか
・報告要件は誰が設定すべきか、情報はどのように利用されるべきか
・課題は何か
・機会は何か

 

FSBの検討

金融安定理事会(The Financial Stability Board:FSB)は、 気候変動関連財務開示タスクフォース(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)のメンバーを公表した。気候変動関連の財務リスクの開示についての原則案の開発に向けた検討が始まる。

これら気候変動に関する情報開示についての動きが、どのように開示実務に影響するのか注目される。


詳細は以下をご参照ください。
http://www.iasplus.com/en/news/2016/01/sustainability(IASPlus・英語)

お役に立ちましたか?