最新動向/市場予測

IIRC が国際統合報告<IR>フレームワークを公表

Deloitte Heads Up ニュースレターによる解説

2013 年12 月9 日に国際統合報告評議会(IIRC)が公表した国際統合報告フレームワークについて、デロイト米国事務所が発行したHeads Upニュースレター(Volume 20, Issue 36) で解説しています。(統合報告関連ニュース2013.12.23)

関連コンテンツ

DTT Heads Up ニュースレター

デロイト米国事務所から、Heads Upニュースレター(Volume 20, Issue 36) IIRC Releases the International Integrated Reporting <IR> Frameworkが発行されました。
今回のニュースレターは、2013 年12 月9 日に国際統合報告評議会(IIRC)が公表した統合報告書の作成に関する原則主義ベースのフレームワークである、国際統合報告<IR>フレームワーク(<IR>フレームワーク)について説明しています。<IR>フレームワークは以下の2つのパートで構成されています。
・パートI:(1)フレームワークの利用及び(2)統合報告の基礎概念に関するガイダンスの提供
・パートII:統合報告書の作成及び開示方法に関する基本原則及び内容要素の説明

内容については、下記のHeads Upニュースレターを参照ください。
Heads Upニュースレター Volume20, Issue 36
≫英語版
http://www.iasplus.com/en-us/publications/us/heads-up/2013/ir-framework

(750KB, PDF)
お役に立ちましたか?