ナレッジ

企業価値コミュニケーションがもたらす経営革新

統合報告関連資料

統合報告の有用性、現状と今後の展望について、経営コンサルタント、投資家、IIRC事務局のテクニカル・ディレクターとして活躍されたデロイト トーマツ グループの公認会計士にインタビューを実施し、それぞれの視点から統合報告を解説していただきました。

関連コンテンツ

企業価値コミュニケーションがもたらす経営革新

トーマツ統合報告アドバイザリー室では、統合報告の有用性、現状と今後の展望について、経営コンサルタント、投資家、IIRC事務局のテクニカル・ディレクターとして国際統合報告フレームワークの開発に携わったデロイト トーマツ グループの公認会計士にインタビューを実施し、それぞれの視点から統合報告を解説していただきました。

(ご協力いただいた方々)
・デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 ディレクター 國分俊史
・株式会社日本ベル投資研究所 代表取締役 鈴木行生
・米国デロイト&トウシュLLP ベス・A・シュナイダー

詳細は資料をご覧ください。

(1.2MB, PDF)
お役に立ちましたか?