ナレッジ

PMI for Growth ナレッジ一覧

Monitor Deloitte

M&A成立後の統合プロセスにおける、確実なシナジー創出や買収後の業績不振からのターンアラウンドの実現に向けた全社改革のロードマップ策定について解説します。

成長戦略を実現するSuccessful Day1マネジメント
Safe Day1と将来の事業成長を両立させる統合マネジメント

M&A、特にクロスボーダーM&AにおけるPMI(Post Merger Integration)の重要性はますます高まっている。PMIの成功に向けては、買収目的を実現するためのPMI実行計画をディール段階において策定し、確実なClosingのマネジメントだけではなく、当該事業の競争優位性・持続的な成長の確立に向けた土台作りを並行して実施する必要がある。

記事を読む

PMI トランスフォーメーション ~PMI for Growth~
M&Aをトリガーとした真の成長・トランスフォーメーションの実現に向けて

PMI活動が形骸化し結果的に子会社として連結するに留まるケースは多く、結果、買収時に上乗せしたプレミアムを超えるシナジーの実現どころか、減損処理を強いられるなど、買収前の想定通り成果を上げるM&A案件は限定されているのが実態である。買収目論見や買収後の成長戦略の実現に向けては、本社側・対象会社側双方の戦略・オペレーション等を客観的に分析、成功確度と効果を最大化するバリューアップ・全社改革にむけたロードマップ策定が必要となる。

記事を読む

ノンコア事業・資産売却戦略の高度化による事業成長実現
フリーキャッシュフローに中立的な事業成長M&Aとその実践手法

将来のマーケットポジショニングを意識した連続的なM&A設計や新規事業創出を狙うインオーガニック活動が常態化してきている一方、これまで日本企業ではノンコア資産・事業の売却に関しては後ろ向きなイメージが強く、積極的に実施されておりません。よってノンコア事業・資産を活用してコア事業の成長投資へ振り向ける企業価値向上の好循環を実現していくモデルについては、海外事例ではなく日本版の実践的手法が求められています。

記事を読む

 

関連サービス

PMI for Growth

日本企業による海外企業の買収は年々増加する一方で、買収時に上乗せしたプレミアムを超えるシナジーの実現どころか、減損処理を強いられるなど、想定通り成果を上げるM&A案件は限定されているのが実態です。こうした状況を打破する為に、従来のSafe Day1マネジメントに留まらない、確実なシナジー創出や買収後の業績不振からのターンアラウンドの実現に向け、「PMI成熟度分析」を基にした成功確度と効果を最大化する全社改革のロードマップ策定を支援します。また、統合の前提となる、対象会社とのプラットフォーム統合・経営管理指標の可視化を、最短リードタイムで実現することを支援します。

お役に立ちましたか?