Monitor Deloitteの提供価値

ナレッジ

Monitor Deloitteの提供価値

モニター デロイトは、クライアントが明確かつタイムリー、そしてインスピレーションに満ちた決断を下すことをサポートし、混沌とした世界情勢の中から一歩抜き出て確かな成長を遂げられるよう、パートナーとして確固たる将来へと導きます。

Monitor Deloitteが目指す未来の戦略

1983年に設立された戦略コンサルティング・ファーム「Monitor Group」はマイケル・ポーター、マーク・B・フラーといったハーバード大学ビジネス・スクールの教授陣と共に 、ロジャー・マーティンやラリー・キーリーのような現在のコンサルティングの礎を築いてきたようなメンバーによって創設され、VC、インキュベーション、投資銀行機能といった独自のグループ展開とフラットな組織を特徴とし、設立当時からグローバル展開をしていました。

そして2013年にデロイト グループに統合された後、グループが持つ広範囲にわたるサービスとインダストリーにおける深い知見、そしてMonitorの従来の強みを掛け合わせたサービス提供に向けて熟考を重ね、遂にこの日本でもモニター デロイトとしての歩みを始めます。

Monitor Deloitteが有するエッジ

モニター デロイト ジャパンは、1. ポスト資本主義時代の戦略リーダー、2. 非連続な成長をもたらす変革ドライバー、3. 経営変革リーダーを創る、真のパートナー、の大きく3つの提供価値を軸に、パートナーとして企業変革を確実に成功に導きます。

1.ポスト資本主義時代の戦略リーダーとして

Sustainability

ポスト資本主義への移行における経営の在り方、ビジネスモデルの在り方など、社会  価値創造と競争戦略を融合したアジェンダ(CSV/SDGs・ESG・Circular Economy等)に関する知見を活かしたオファリングを提供します

Ecosystem

社会の大きなルール・スキームを変えていくようなアジェンダ(ルール形成等)に関する知見と、我々が持つ国連や行政機関とのネットワークを活かしたオファリングを提供します

Co-creation

NPO/NGO・スタートアップと協働し、価値創出を実現するための“共創”を可能とする新たなコンサルティングスタイルで、新たな取り組みを支援します

2.非連続な成長をもたらす変革ドライバーとして

Innovation

イノベーション戦略に関するグローバルな業界リーダーとして、各産業で起こるディスラプションに備えた新たなビジネスモデルの構築や、新規事業のデザインおよびプロデュース、イノベーション組織立ち上げ等における先進的なオファリングを提供します

Cutting Edge

Singularity Universityやシリコンバレー/イスラエルのStartup Ecosystem等、時代を先駆ける先鋭的なパートナーと共に、Digital・Innovation・Technologyに関する先鋭的なオファリングを提供します

Exponential Technology

第四次産業革命の核となるAI等のExponential Technologyに関する有数の知見とそれを活用した企業変革に関する産業別の豊富な経験を活かしデジタルトランスフォーメーションによる企業の非連続な成長を支援します

3.経営変革リーダーを創る、真のパートナーとして

Confident

経営戦略・事業戦略の策定のみならず実行と最終的な成果創出のデリバリーまで確実にリードするプラクティス、また、それを支える各戦略コンサルタントの徹底的なコミットメントを約束します

Deep Industry Knowledge

Deloitteグループの各インダストリー専門組織とのコラボレーションや、各インダストリー専門組織が持つ深いインダストリーインサイトの活用により、高付加価値なサービスを提供します

Comprehensive

Deloitte全世界のメンバーファームとの連携に加え、Deloitte Tohmatsu グループとして幅広いオファリング(オペレーション・HR・IT・TAX・会計等含め)で包括的な支援を提供します

 

人物紹介:

マイケル・ポーター(Michael Eugene Porter)

アメリカ合衆国の経営学者。ハーバード大学経営大学院教授。彼の著書「競争の戦略」(80年)は、経営戦略の定番教科書として多くの経営学コースで採用されている。1983年にMonitor Groupが設立された時の創業メンバーの一人。

マーク・B・フラー 

1983年にMonitor Groupが設立された時の創業メンバーの一人。ハーバード・ビジネス・スクールでは戦略論の助教授を務め、50を超える論文、ケースを執筆。アジア経営研究所の理事も務めている。世界経済フォーラムの創設メンバーの一人。

ロジャー・マーティン

85年、マイケル・ポーターらが創設した米モニター社に入社し、クリス・アージリス、マイケル・ジョンソンらとともにディレクターをつとめる。95年、共同社長に就任。モニター社の教育部門であるモニター大学の創設者でもある。「ビジネスのデザイン:デザイン思考で競争優位を築く」)では、企業はデザインをより重視したアプローチを採用するべきであると提案した。2017年に“Thinkers 50”(世界で最も影響力のある経営思想家)に選出。

ラリー・キーリー

シンギュラリティ大学 教員、デロイトコンサルティング、ディレクター。Doblin プレジデント。イノベーション専門のコンサルティングチーム“Doblin”の創業者・プレジデントであり、30年に亘り大手企業およびスタートアップの事業展開に携わる。Business Model Innovation(Ten Types of Innovation)の方法論を開発・提唱し、米国BusinessWeekにおいて、イノベーション領域を変革させる7人の「Innovation Gurus(イノベーションの指導者)」として取り上げられる。

お役に立ちましたか?