ナレッジ

平成29年度「中堅・中小企業等イノベーション創出支援プログラム(飛躍 Next Enterprise)」の参加企業が決定

シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト

デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社は、「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」の一環として「平成29年度グローバル・ベンチャー・エコシステム連携強化事業」(中堅・中小企業等イノベーション創出支援プログラム「飛躍 Next Enterprise」)を経済産業省より受託し実施しています。今般、参加企業52社が決定しました。

1. シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクトとは

安倍総理大臣が、平成27年4月30日に米国シリコンバレーで発表したプロジェクトです。人材・企業・機会の観点からシリコンバレーの資源を活かすプログラムを実施し、シリコンバレーと日本の起業家・企業をつなぐことで、グローバルに通用するイノベーションを持続的に創造する仕組みを形成することを目指します。

 

2. 派遣プログラムの内容

<グループ1>

  • シリコンバレー派遣コース:2月12日(月曜日)~2月16日(金曜日)
  • シンガポール派遣コース:2月5日(月曜日)~2月9日(金曜日)

イノベーション拠点訪問や現地企業・起業家との交流等
 

<グループ2>

  • 欧州(ヘルシンキ・ベルリン)派遣コース:11月29日(水曜日)~12月5日(火曜日)
  • オースティン派遣コース:3月10日(土曜日)~3月14日(水曜日)

世界最大級のイノベーションイベントへの参加等
 

<グループ3>

  • イスラエル派遣コース:1月13日(土曜日)~1月20日(土曜日)

イスラエルのエコシステムの体感等

※詳細は本プログラムのホームページをご覧下さい。
飛躍 Next Enterprise|経済産業省
https://www.hiyaku.go.jp/ (外部サイト)

 

3. 参加企業の決定プロセス

「中堅・中小企業等イノベーション創出支援プログラム」には、全国から数多くの応募があり、外部有識者、運営事務局、経済産業省からなる審査委員会において、技術力、製品・サービスの優位性や各コースとの親和性等を厳正に審査した結果、今般、参加企業52社を決定しました。

平成29年度 参加企業一覧
お役に立ちましたか?