サービス

社会課題解決に着目した新事業・新産業創造

デロイト トーマツ グループは、新たな勝ちパターンを創造し、自ら市場創造をリードするようなイノベーションを仕掛けるための戦略コンセプトとして「社会課題解決」×「ルール形成」による骨太な新事業創造を支援します。

社会課題解決で“骨太”な新事業を創造を

骨太な新事業創造を実現する新たな勝ちパターン  「社会課題解決」×「ルール形成」 
 欧米の先進企業が中長期目線で着々と新事業創造を仕掛ける動きから見えてくるのは、変化が激しくコモディティ化が進みがちなグローバル市場における、新しい勝ちパターンの創造であり、そのキーワードが「社会課題解決」と「ルール形成」である。

 世界的に進む気候変動や資源枯渇をはじめ、先進国で進む高齢化・労働力減少、新興国で進む人口の都市集中によるインフラ不足や環境破壊、途上国で一向に減らない貧困問題や衛生問題など、世界的に深刻な社会課題が、企業にとって次の巨大なイノベーション・新事業創造の種となりうることは疑いの余地がない。
 事実、欧米先進企業は、これらの深刻な社会課題の中から特定地域で潜在市場を見極め、一見達成不可能と思われる水準で社会課題解決目標を設定している。

 また、社会課題の裏には必ずルールの未整備もしくは機能不全が存在する。このため、ルールの整備による新しい社会秩序創りが抜本的な社会課題解決には不可欠となる。CSV先進企業は、政府機関やNGOと連携してルールを変更させる、もしくは新規に創り自らがその牽引役となることで、新しい市場創造をリードし、結果として自社に有利なビジネスモデルを創り込むことにも注力している。

社会課題解決への着目による“骨太”な新事業創造を支援
 デロイト トーマツ グループは、世界的に深刻な社会課題を起点とした事業機会の探索、主体的なルール形成アクションを梃子にした参入戦略の立案から、実行支援に至るまで、多面的な支援を実施し、“骨太”な新事業の創造、ひいては課題解決を実現する新たな産業の創造を実現に導きます。

メディア情報

日経ビジネス1月26日号 
「Jスタンダード ルールは『守る』より『作る』

日経ビジネス1月26日号で、「Jスタンダード ルールは『守る』より『作る』」と題し、ルール形成戦略の特集が組まれています。
※PC・スマートフォンからご覧になるには会員登録が必要です〔有料〕

DTC パートナー 國分 俊史、レギュラトリストラテジー リーダー 羽生田 慶介のコメント、インタビュー記事も掲載されておりますので、ぜひご覧下さい。

企業戦略・事業戦略に関するサービスのご案内

企業の置かれているステージに応じた戦略の立案を多面的なアプローチで支援します。“今日の飯の種”と“明日の飯の種”という成長の両輪を捉え、足元を起点にした地に足の着いた経営戦略の構築から、社会課題解決型産業創造、構造的競争優位実現に向けたルール形成戦略などの先進的視座からの戦略立案まで幅広くご支援します。

持続的なイノベーション創出の実現
ルール形成戦略
通商課題解決支援サービス「Trade Compass®」
ロケーションストラテジー/拠点戦略で最適な経営戦略を具現化