サービス

CSV Strategy/Innovation

CSVイノベーション戦略策定支援

モニター デロイトがグローバルにおいて政府機関・国際機関との共創で蓄積してきたナレッジから浮かび上がる深刻な社会課題を起点に、共通価値を創造(Creating Shared Value)し、持続的な競争優位を実現するために、イノベーションアジェンダの策定から社会課題解決型のビジネスモデル構想策定、実行に至るまでを支援します。

経済価値と社会価値を同時追求する経営モデル(CSV)への変革

昨今、大義ある経営目標を掲げて組織を変革し、経済価値と社会価値を同時追求する経営モデル(CSV)への変革がグローバルトップ企業に増えています。日本企業にもキーワードとしてのCSVは浸透しつつありますが、社会課題からビジネス課題への転換が出来ないケースや活動が既存事業や既存組織の枠組みの中に留まるケースが多く、結果として取組みが小粒化する傾向が見られます。

モニター デロイト では日本企業のCSVイノベーションを加速化させるために、機能・品質・価格という旧来の3つの価値に加えて、「大義力」、「新秩序形成力」、「再現力」を組み合わせた“新たな戦い方” で持続的な競争優位を築く必要があると考えています。

”新たな戦い方”においては、従来の自社を中心としたビジネスモデルではなく、政府や自治体、NPO、時には競合企業も巻き込んだトライセクター(Tri-Sector)でビジネスモデルを意図的に創りあげることが必要です。

モニター デロイトでは、国連/国際NGO等との独自ネットワークもテコに、広範なプロジェクトで、国内有数の実績・ナレッジを蓄積しています。


CSVによる“新たな戦い方” を競争優位に繋げるメカニズム
「大義力」×「新秩序形成力」×「再現力」

画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます

SDGs ×自社らしさ×スタートアップで革新的な新規事業を発掘せよ

日進月歩で新たなテクノロジーやビジネスモデルが産み出され、既存のビジネスがいつ破壊されてもおかしくない今日においては、既存事業も去ることながら革新的な新規事業をいかに産み出し、その中でCSVを体現していくかが重要な論点となります。

骨太な新規事業の機会は、(1)SDGs、(2)自社らしさ、(3)スタートアップの掛け合わせで見出すことが出来ます。

(1)SDGsと(2)自社らしさは、世界の深刻な社会課題を巨大な事業機会の「的」ととらえ、自社の様々なケイパビリティと組み合わせることで、自社として特にフォーカスすべき的を定めることを表します。

さらにこれに(3)スタートアップを掛け合わせることで、現時点で社会課題解決のために実行されている打ち手とその限界を打破しうるテクノロジーやビジネスモデルを有する企業としてスタートアップを中心に探索することを表します。

自社ができることだけを新規事業として探索していては、骨太な事業には辿り着きません。また一方で革新的な事業アイデアを夢想するだけでは時間がいくらあっても足りません。

スタートアップが有する先端的なデジタルテクノロジーや革新的なビジネスモデルを参考に、自社として採るべき参入戦略を見定め、自社に不足するケイパビリティを、そのスタートアップ等とのパートナー戦略により補完することを目指すことで、革新性と実現可能性をバランスする新事業アイデアにたどりつく可能性が高まるのです。

SDGsを起点とした新規事業創出アプローチ

画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます

プロフェッショナル

藤井 剛/Takeshi Fujii

藤井 剛/Takeshi Fujii

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

デロイトの戦略プラクティス モニター デロイトのジャパンリーダーであり、Innovation および CSV/Sustainability Strategy Leaderを兼務。 電機、自動車、航空、消費財、ヘルスケアなど幅広い業種の日本企業において、戦略、イノベーション、組織改革等の幅広いコンサルティングに長年従事。社会課題解決と競争戦略を融合した経営モデルや、企業とNPO/NGO、政府/国際機... さらに見る