サービス

通商×サプライチェーン改革サービス

産業・技術・社会の変化をリードし、非連続な成長に繋げるために

通商×サプライチェーンを取り巻く環境

米中間の貿易戦争、英国のEU離脱などこの数年の通商環境は劇的に変化しています。同時に、日EU EPA(経済連携協定)、TPP11、日米貿易協定など新たなFTA(自由貿易協定)も構築され、中国、インドを含むRCEP(東アジア地域包括的経済連携)交渉も進展しています。

企業は、生産拠点の脱中国化・部材調達先の切り替えを強いられる一方で、FTA/EPAを有効活用し関税減免効果を享受しつつあります。こうしたサプライチェーン対応の巧拙が、企業の競争力・収益性に大きな差をもたらしつつあります。

しかしながら、グローバル化の進展、水平分業化の推進によって企業のサプライチェーンは複雑化しており、環境変化に応じた最適化を迅速に進めるのは容易ではありません。サプライチェーン複雑化に伴い、調達・製造・物流コストに加え、関税などの税コスト、各種リスクの対応コストも考慮する必要があり、対応がより困難になっています。
 

通商×サプライチェーン改革サービス(PDF:639KB)
※クリックまたはタップして拡大表示できます

通商×サプライチェーン包括サービスの提供

企業が持続的な競争優位性を保つためには、日々変化する通商環境を注視し、包括的な観点でサプライチェーンを最適化する必要があります。

このたびデロイト トーマツ グループ(デロイト トーマツ コンサルティング・デロイト トーマツ税理士法人・DT弁護士法人)は、通商×サプライチェーン課題解決に向けてEnd to Endのサービスを提供します。通商・サプライチェーン領域において、戦略策定/組織構築/業務設計/デジタル(通商課題解決支援サービス「Trade Compass」含む)が一体となったサービスの提供により、企業が直面する課題に対して一気通貫での改革が可能となります。
 

通商× サプライチェーン包括サービスの提供
※クリックまたはタップして拡大表示できます

サービス概要

当サービスでは、弊社における通商×サプライチェーンに関する知見と、「Trade Compass」を始めたとしたデジタルツールを組み合わせる事により、企業が抱える個々の課題に適したソリューションを提供します。

通商× サプライチェーン包括サービスの提供
※クリックまたはタップして拡大表示できます

関連書籍のご紹介

稼げるFTA大全 (日経BP社)

FTAを活用すれば支払わずに済むことにもなる関税。その「関税3%は法人税30%に相当する」ことをご存知ですか?

そして、FTAの活用で得られるのは来期の利益ではなく、まさに今期の日々の利益です。また、FTAはコスト削減に加え、海外M&Aの機会や政府調達の入札機会の拡大にもつながります。ただし、大きなメリットがある反面、活用方法に不備があればコンプライアンスリスクにもつながります。

本書では、経済産業省でFTA交渉を担当した経験を持つデロイト トーマツ コンサルティングレギュラトリストラテジーリーダーの羽生田慶介が、単なる「お勉強」ではない「稼ぐため」のFTA活用について徹底的に解説します。

>> 書籍詳細はこちら
 

関連リンク

国際通商ルールを経営戦略に活用するために
デロイト トーマツ グループのプロフェッショナルによる知見

>> 続きはこちら

プロフェッショナル

羽生田 慶介/Keisuke Hanyuda

羽生田 慶介/Keisuke Hanyuda

デロイト トーマツ コンサルティング 社外エグゼクティブコンサルタント

Social Impactエグゼクティブアドバイザー。 経済産業省にてアジア各国との経済連携(FTA・EPA)交渉に従事したのち、米国系戦略コンサルティングファームにて経営戦略、事業戦略、新規事業開発等のプロジェクトを数多くリード。豊富なコンサルティング経験と規制制度に関する深い理解を背景に、官民のルール形成や社会課題解決事業に注力している。 著書に「すぐ実践! 利益がぐんぐん伸びる 稼げるFTA... さらに見る

お役に立ちましたか?