サービス

コーポレートコミュニケーション

近年、企業を取巻く経営環境が大きく変化しています。金融市場の不安定、資源、環境、人口などについての深刻な課題が生じており、企業は財務業績だけでなく、こうした課題への対応や中長期的な展望を明確に説明することが求められています。投資家等に、中長期的な企業価値創造の仕組みを説明する統合報告が新しいコーポレートコミュニケーションとして、注目を集めています。

統合報告関連サービス

デロイト トーマツ グループでは、統合報告書を「価値創造プロセスの鏡」と位置づけ、経営のパワーアップにつながる報告書作成を支援します。統合報告書作成プロセスを5つのフェーズに区分し、グループのプロフェッショナルが総力を挙げて、当該フェーズ実行をサポートします。

CSRレポート作成支援

CSRレポートは、自社の活動を総括し、ステークホルダーの情報ニーズに適切に応えるための情報開示ツールであり、その内容の信頼性に対する社会の要求も年々高まっています。デロイト トーマツ グループでは、CSR・環境報告書を「CSR・環境活動の鏡」と位置づけ、CSR・環境経営のパワーアップにつながる報告書作成を支援します。 

外部評価の向上に関するアドバイス

貴社のCSR活動に関する外部の第三者からの評価を向上することによって、投資家をはじめ多くのステークホルダーから貴社の信頼度を高め、貴社の企業価値の向上に寄与します。デロイト トーマツ グループでは、外部評価のアンケート調査で自社の取り組みを過不足なく適切に理解してもらい、評価を向上させるためのアドバイスを提供しています。 

CSR・環境報告書第3者審査

CSR報告書の記載内容の信頼性が高まり、企業価値が向上します。データの収集ルールを明確にすることができ、データマネジメントが整備され、報告書作成工数の削減にも繋がります。